京都府立医科大学準硬式野球部公式掲示板



カテゴリ:[ 野球 ] キーワード: 準硬式野球


368件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[340] 5月4日 全国大会予選1次トーナメント2回戦の結果のご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 5月 4日(金)18時31分41秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました全国大会予選1次トーナメント2回戦(vs大阪府立大)の結果をご報告致します。

大府大 000 000 000 0
京府医 000 010 00×  1

1中 佐藤
2二 平尾
3投右 上村
4右投 佐々木
5一 岩本
6捕 森
7遊 米永
8三 熊澤
9左 辻

安打5 四死球5 盗塁1 失策1
上村、佐々木ー森
上村: 8回 146球 被安打4 与四死球5 奪三振7 自責点0
佐々木: 1回 16球 被安打0 与四死球0 奪三振0 自責点0

1回表、先発の上村は2つの四球でいきなり2・3塁のピンチを迎えますが、何とか無失点で切り抜けます。

京府医は4回までなかなか相手投手を捉えられませんでしたが、5回裏、先頭の7番米永が遂にチーム初安打をレフト前に放ちます。続く8番熊澤はきっちり四球を選び、9番辻の送りバントで1死2・3塁を作ります。ここで1番佐藤がスクイズを決め、欲しかった先制点をもぎ取ります。

さらに6回裏、5番岩本、6番森の連打で無死1・2塁としますが追加点は入りません。

上村は本調子ではない中で146球の気迫の投球を見せ、相手打線を散発4安打に抑え込み本塁を踏ませません。

8回裏、何とか追加点が欲しい京府医は、1死から5番岩本がセンター前に運びますが、残塁に終わります。

1ー0の緊迫した状態のまま迎えた9回表、2番手佐々木がリリーフで登板しますが、危なげなく3人で締め上げ、1ー0の完封勝利となりました。

今日のゲームは、上村ー佐々木の完封リレーは言うまでもなく、キャッチャー・森やサード・熊澤の好守なども光り、最後まで非常に良い雰囲気で戦うことが出来ました。チャンスこそ少なかったですが、それをしっかり小技でモノにする自分達の良い部分を出せたように思います。明日の試合も手強い相手ではありますが、今日の勢いそのままに勝ち取れるよう全員で頑張りますので、ご声援の程よろしくお願い致します。




[339] 4月30日 春季リーグ第7戦の結果のご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 4月29日(日)14時52分47秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました春季リーグ第7戦(vs兵庫医科大)の結果をご報告致します。

兵医大 000 000 001 1
京府医 000 010 12× 4

1中 佐藤
2二 平尾
3右 上村
4投 佐々木
5三 音嶋
  打三 熊澤
6捕 森
7一 岩本
8遊 米永
9左 辻

安打9 四死球1 盗塁5 失策2

佐々木?森
佐々木: 9回 111球 被安打4 与四死球2 奪三振6 自責点1

1回表、先発の佐々木は先頭打者にヒットを許しますが、後続を断ち上々のスタートを切ります。

1回裏、京府医も2死から3番上村がセンター前ヒットと盗塁でチャンスメイクしますが先制点はなりません。

4回裏、2死から4番佐々木がレフト前に痛烈に弾き返しますが得点は生まれません。

そろそろ得点が欲しい京府医は5回裏、先頭の6番森がセンター前ヒットで出塁すると盗塁を決め、7番岩本の送りバントで無死3塁を作ります。その後相手投手の暴投により1点を先制します。

6回裏、絶好調3番上村がまたもヒットで出塁しますが追加点はなりません。

7回裏、こちらも絶好調・6番森がレフト前ヒットを放ち盗塁等で3塁へ進むと、8番米永のスクイズにより1点を追加します。9番辻もセンター前ヒットで攻め立てますが、この回は1点止まりでした。

8回裏、1死から3番上村が3本目のヒットをライト前に運び、さらに続く4番佐々木がまたもや火の出るような当たりをレフトへ放つと、塁上の2人は快足を飛ばし2・3塁とします。ここで5番の神バントに恐れをなした相手バッテリーは敬遠という奇行にはしり、2死満塁で、7番岩本がセンターの頭上を行くタイムリーツーベースを放ち2点を追加します。

9回表、佐々木は相手の4番に本塁打を浴びますが、許した得点はこの1点のみ。自身最後のリーグ戦を完投勝利で締め、4?1でゲームセットとなりました。

本日の試合では、相手投手になかなかタイミングが合わない場面が多かったですが、少ないチャンスの中で小技を決めるなどし、得点に繋げることが出来ました。また、力投の佐々木を中心としたミスの少ない守りが勝因として大きかったように思います。

この試合をもちまして今年の春季リーグは全試合終了となります。秋春連覇とはなりませんでしたが、各々チームの勝利のために全力で戦い、また、来たるブロック大会や西医体に向けて課題も明確になり、中身の濃いリーグ戦になったと部員一同感じております。OBOGの皆様におかれましては、いつも暖かいご声援ありがとうございます。今後の試合でもさらにご期待に添えるよう一丸となって精進して参りますので、これからもご声援の程よろしくお願い致します。
長文失礼致しました。



[338] 4月29日 春季リーグ第6戦の結果のご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 4月28日(土)14時17分7秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました春季リーグ第6戦(vs兵庫医療大)の結果をご報告致します。

兵療大 000 000 0 0
京府医 412 100 ×  8
(7点差がついたため規定により7回コールド)

1中 佐藤
2二 平尾
  打 濱嶋
  二 佐伯
3投 上村
4右 佐々木
5一 音嶋
6捕 森
7三左 熊澤
  打一 永守
8遊 米永
9左 辻
  打 岩本
  三 山口

安打11 四死球5 盗塁3 失策2

上村?森
上村: 7回 96球 被安打3 与四死球1 奪三振5 自責点0

1回表、先発の上村は危なげなく相手打線を3人で片付けます

1回裏、京府医は1番佐藤が内野安打で出塁すると、2番平尾が四球で続きます。佐藤は盗塁死となりますが3番上村が右中間にタイムリーツーベースを放ち1点先制します。4番佐々木は四球を選ぶと、5番音嶋が左中間へ運び2点目を加えます。さらに6番森のサードゴロの間にもう2点加えこの回一挙4点を奪います。

2回裏、1死から2番平尾、3番上村の連打でチャンスをつくると、5番音嶋の犠飛で1点得点します。

3回裏、先頭の6番森がツーベースを放つと3塁まで進み、8番米永の内野ゴロを相手が野選する間に生還します。さらに9番辻がライト前ヒット、1番佐藤が右中間へタイムリースリーベースを放ち、もう1点追加します。

4回裏、1死から4番佐々木がセンター前に弾き返すとすかさず盗塁を決め、6番森の内野ゴロの間に生還し1点加えます。

上村は相手打線を寄せ付けず7回を散発3安打、無失点に抑えます。

最終回の攻撃、代打の永守が痛烈なヒットを放ちますが4回以降得点はなく、8?0のコールドでゲームセット。

本日の試合は、初回から打線がしっかり繋がり、効率的な攻撃をすることができました。守備でも大きなミスもなく、結果大差をつけての勝利となりました。
さて、春季リーグも残すところ1試合となります。今日の勢いそのままに、明日も勝ちで締められるよう頑張りますので、ご声援の程よろしくお願い致します。



[337] 4月21日 春季リーグ戦5試合目の結果のご報告

投稿者: 熊澤 投稿日:2018年 4月21日(土)17時41分31秒   通報   返信・引用

お忙しい所失礼致します。本日行われました春季リーグ戦(滋賀医科大学)の結果をご報告させていただきます。

京府医 000 001 124   8
滋賀医 000 010 101    3

1中  佐藤
2二 平尾
3右一 上村
4投 佐々木
  打 永守
  左 苗代
5一投 音嶋
6捕 森
7三 山口
  三 熊澤
8遊 米永
9左右 辻

安打8 盗塁10 四死球4 失策3

佐々木、上村、音嶋-森
佐々木:7回 100球 被安打5 四死球1 奪三振7 自責点1
上村:1回 10球 被安打0 四死球0 奪三振1 自責点0
音嶋:1回 23球 被安打2 四死球1 奪三振1 自責点0

5回裏、佐々木は先頭打者にセンター前ヒットを許し、ピンチを迎えると、味方の守備が乱れる間に1点を先制されます。

6回表、京府医は1死から1番佐藤が四球で出塁すると自慢の快足で二盗、三盗を決めて1死3塁のチャンスを作ります。2番平尾のスクイズは小フライとなってしまいますが、相手守備の送球ミスもあり、すぐさま同点に追いつきます。

7回表、京府医は先頭の4番佐々木が死球で出塁すると、盗塁を決めチャンスを広げます。1死となるも、6番森がレフトへタイムリーツーベースを放ち、勝ち越しに成功します。

7回裏、佐々木は2本のヒットで1死1.3塁のピンチを迎えると、犠牲フライを打たれ、同点に追いつかれてしまいます。

8回表、京府医は2つの四球で2死ながら1.2塁のチャンスを作ると、4番佐々木は右中間真っ二つのタイムリースリーベースを放ち、2点を勝ち越します。

9回表、突き放したい京府医は先頭の6番森がエラーで出塁すると、盗塁と7番熊澤のセンター前ヒットで無死1.3塁のチャンスを作ります。ここで京府医ベンチが二盗を試みると、相手守備が乱れる間に2者が生還し、2点を追加します。さらに無死1塁から9番辻、1番佐藤、2番平尾に3連打が飛び出し、この回4点を奪います。

9回裏、音嶋は無死から連打を浴びると、守備の乱れもあり1点を失います。それでも落ち着いて後続を打ち取り、試合終了。



ここの所守備のミスが多く、課題となっていましたが、この日は比較的ミスが少なく、勝利に繋げることが出来ました。それでも随所に詰めの甘さが見られ、まだまだ改善すべき点が山積みであることを実感する試合となりました。
今後もご声援宜しくお願い致します。



[336] 4月8日 春季リーグ第4戦の結果のご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 4月 8日(日)19時09分26秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました春季リーグ第4戦(vs関西医科大学)の結果をご報告致します。

京府医 301 030 042 13
関西医 010 020 020   5

1中 佐藤
2三遊 平尾
3投右 上村
  投 音嶋
4右投右 佐々木
5一 岩本
6捕 森
7二 佐伯
8遊 米永
  打三 山口
9左 苗代

安打14 四死球8 盗塁5 失策7

上村、佐々木、音嶋ー森
上村: 1回1/3 36球 被安打2 与四死球3 奪三振3 自責点1
佐々木: 5回2/3 105球 被安打5 与四死球4 奪三振5 自責点0
音嶋: 2回 32球 被安打4 与四死球0 奪三振0 自責点2

1回表、京府医は先頭の佐藤が四球を選ぶと、1死の後、3番上村がレフト前に弾き返し早くも1点を先制します。さらに4番佐々木が四球で出塁し2・3塁とすると、2死後、6番森がライトへツーベースを放ち2点を加えます。

上村は1回を3人で抑えますが、2回、ヒットと四球で満塁とされ、そこから押し出しで1点を返されます。ここで2番手佐々木にスイッチし、この回を1失点で切り抜けます。

2回表、2死から1番佐藤がセンター前に運びますが、残塁に終わります。

3回表、3番上村が四球を選ぶと盗塁で塁を進め、4番佐々木のライト前ヒットで1点追加します。さらに5番岩本もヒットで続きますが更なる得点はありません。

5回表、1死から3番上村が相手のエラーで出塁し、続く4番佐々木のセンターへのツーベースで生還します。さらに5番岩本もセンターへツーベースを放ちもう1点追加、仕上げに6番森の打球をショートがエラーする間に1点、計3点を得点します。

ここまでわりかし良い感じで試合を運んで来た京府医ですが5回裏、少々悲劇が訪れます。内野の失策が積み重なり2点を奪われてしまいますが、ピッチャー佐々木は持ち前の広い心と気迫の投球で相手打者に芯で捉えさせません。

7回表、先頭の6番森が2本目のツーベースをライトへ運びます。8番米永に代わり途中出場の山口もクセの強いフォームでレフトに打球を運びますが、この回得点はありません。

8回表、1番佐藤がライト前ヒットを放ち、盗塁の後、2番平尾のバントで無死3塁とします。3番上村は四球を選び1死2・3塁を作ると、4番佐々木がセンター前へ運び2点追加します。続く5番岩本の打球はサードのエラーで再び2・3塁とすると、6番森のスクイズは失敗に終わりますが尚も2死2・3塁。ここで7番佐伯がライト前にタイムリーを放ちさらに2点を追加します。

8回裏、この回から登板の3番手・音嶋は安打などで2点を奪われます。

9回表、9番苗代が四球で、1番佐藤が内野安打で出塁しますが、得点はなりませんでした。
最終的に、13-5でゲームセット。

本日のゲームは、全体を通してしっかりと攻め続け、多くの得点をヒットで得ることが出来ました。しかし中盤、ミスがミスを呼ぶような形で打ち取った打球をことごとく失策してしまい、内野の脆さが露呈しました。次へ向けて気持ちの切り替えと、更に意識の高い練習による投手力依存状態からの脱却が急務であると思われます。
今後ともご声援よろしくお願い致します。




[335] 3月31日 春季リーグ第3戦の結果のご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 3月31日(土)19時16分57秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました、春季リーグ第3戦(VS和歌山県立医科大学)の結果をご報告致します。

和県医 001 000 030 4
京府医 000 001 101 3

1右投右 佐々木
2二 平尾
3投右投 上村
4一 岩本
5捕 森
6三 音嶋
7遊 米永
8左 辻
  打 山口
  走左 熊澤
9中 佐藤

安打11 四死球5 盗塁4 失策6
上村、佐々木、上村ー森
上村: 6回 79球 被安打4 与四死球2 奪三振3 自責点1
佐々木: 2回 49球 被安打2 与四死球3 奪三振3 自責点1
上村: 1回 14球 被安打0 与四死球0 奪三振1 自責点0

1回の攻撃で2番平尾が、3回には9番佐藤がそれぞれヒットで出塁しますが、後続が倒れ得点はなりません。

3回表、先発の上村は連打の後に犠牲フライで1点先制されます。

4回裏、京府医は3つの四死球でランナーをためますが、得点には至りません。

しかし6回裏、3番上村が1死からセンター前ヒットで出塁するとすかさず盗塁をかまし2死後、5番森の打球をサードが失策、1・3塁とします。6番音嶋は四球を選び、満塁で打席には7番米永。体勢を崩しながらも上手くレフト前へ運び、遂に1点を返します。

7回裏、8番辻に代わる代打・山口の凄まじいアッパースイングから放たれた打球は瞬く間にレフト前へと抜けて行き、ここで9番佐藤が送りバントを決めます。しかし山口の代走・熊澤が相手投手の巧みな牽制により刺され好機を逃したかに見えましたが、ここで1番佐々木がエラーで出塁し、2番平尾のライト前ヒットで生還します。

一方、7回からリリーフで佐々木が継投します。
8回表、守備の乱れにつけ込まれ、さらにタイムリーなどで3点を失ってしまいます。

8回裏、先頭の4番岩本がサード強襲ヒットで出塁すると、5番森が四球で繋ぎ、6番音嶋がセンター前に運び無死満塁とします。しかし後が続かず無得点に終わってしまいます。

9回裏、先頭の9番佐藤がセーフティバントを決めると、1番佐々木が左中間にツーベースを放ち無死2・3塁とします。1死後、3番上村のライト前タイムリーで1点を返し尚も2・3塁を作りますが後続が倒れ、反撃及ばず3ー4でゲームセット。

本日の試合では、失策の数にも表れているように、守りのミスが目立ちました。得点に絡むものも、そうでないものもありましたが、各々が自らのプレーにまだまだ精度の低い部分があることに気づけたことと思います。単調になりがちな普段の練習を見つめ直すいい機会になったことをプラスに捉え、投手力に頼ることのないチームを作る必要性を改めて感じました。残りの試合は全て、全員で勝ち取って参りますので、今後も応援の程、よろしくお願い致します。



[334] 3月24日 春期リーグ第2戦の結果のご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 3月24日(土)19時01分4秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました春期リーグ第2戦(VS神戸学院大薬学部)の結果をご報告致します。

京府医 001 041 04 10
神院薬 000 200 10  3
(規定により7点差で8回コールドゲーム)

1右投 佐々木
2三二 平尾
3投右 上村
4左三 音嶋
      三 熊澤
5一 岩本
6捕 森
7遊 米永
8二 佐伯
  左 辻
9中 佐藤

安打10 四死球9 盗塁5 失策4
上村: 6回 104球 被安打5 与四死球1 奪三振4 自責点0
佐々木: 2回 23球 被安打0 与四死球0 奪三振0 自責点0

2回表、5番岩本、6番森の連打で無死、2塁のチャンスを作りますが惜しくも無得点に終わります。

3回表、2死から2番平尾が四球を選ぶと3番上村が左中間にツーベースヒットを放ち平尾が一挙にホームインします。

4回裏、上村は先頭打者を打ち取りますが、その後エラーや連打で2点を奪われます。

5回表、途中出場の8番辻、9番佐藤が連続四球で出塁すると、1番佐々木がサード前にパーフェクトなバントヒットを決め、無死満塁のチャンスを演出します。1死後、3番上村がショートゴロを放ちますが捕手が送球を捕り損ね、1点が入ります。さらに4番音嶋のショートエラーと、続く5番岩本の押し出しでそれぞれ1点ずつ得点します。その後6番森の猛打賞となるタイムリーで1点を追加し、この回計4点を奪います。

6回表、先頭の8番辻がきっちり四球を選ぶと、ワイルドピッチで3塁へ進んで2死後、2番平尾の封印されしバットがライトへ打球を運びこれがタイムリーツーベースとなります。

上村は5回、6回を危なげなくシャットアウトし、7回からは佐々木が登板します。

8回表、9番佐藤が四球で、1番佐々木がエラーで出塁し、無死1、3塁とします。2、3塁となって後、2番平尾がレフト前に2本目のタイムリーを放ち2点を追加します。さらに3番上村がライト前ヒットでつなぎ、再び2、3塁とすると途中出場の4番熊澤のスクイズは惜しくも失敗に終わりますが、尚も2、3塁で5番岩本のショートゴロの間に1点、さらに覚醒を遂げた6番森のクワトロヒットで1点を追加し、計4点を挙げます。

途中登板の佐々木は7、8回を危なげなく締め上げ、8回終了時点で7点差がついたため、10ー3のコールドでゲームセット。

本試合では、中盤、一時逆転を許したものの、タイムリーヒットや相手のミスに乗じて得点を重ねコールドゲームで勝利とすることが出来ました。反省点としましては、サインプレーを決めきれなかったことや、フライに対処する際、少々浜風に翻弄されたことが挙げられました。今日の勝利を弾みに、連覇を目指してゆきますので、今後ともご声援の程よろしくお願い致します。



[333] 3月11日 春期リーグ第1戦の結果のご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 3月11日(日)18時48分46秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました春期リーグ第1戦(VS近畿大学医学部)の結果をご報告致します。

近大医 000 300 000 3
京府医 010 100 010 3

1右投 佐々木
2三 平尾
3投右 上村
4左 音嶋
5一 岩本
6捕 森
7二 佐伯
8遊 米永
9中 佐藤

安打8 四死球2 盗塁0 失策2
上村: 6回 93球 被安打3 与四死球4 奪三振4 自責点0
佐々木: 3回 44球 被安打1 与四死球1 奪三振4 自責点0

2回裏、京府医は1死から5番岩本が四球を選ぶと、6番森がレフトオーバーツーベースを放ち1点を先制します。

3回裏も、絶好調8番米永がセンター前に綺麗に弾き返しますが得点はなりません。

先発の上村は、四死球でランナーを出しつつもキレのあるボールで無失点に抑えます。

4回表、失策や不運なヒットなどで3点を失います。

4回裏、1死から4番音嶋、5番岩本の連打で1、2塁のチャンスを作りります。続く6番森が2本目のタイムリーをレフトへ放ち1点を返します。さらに7番佐伯が送りバントを決め2死2、3塁としますが追加点はなりません。

上村は5回、6回も無失点で切り抜け、7回から佐々木にスイッチします

京府医は5、6、7回を3人で終わらせてしまいますが8回裏、1死から1番佐々木がセンター前ヒットで出塁すると、2番平尾の内野ゴロの間に2塁へ進みます。そして3番上村がセンター前に巧く弾き返し同点に追い付きます。

佐々木は新球種・チェンジアップを織り混ぜるなどして7、8、9回を無失点で締め、3-3でゲームセット。

本日は春リーグの初戦でしたが、終盤までやや劣性の中、何とか引き分けまで漕ぎ着けたゲームとなりました。しかし4回、守備の乱れがかさんだことが失点を招いてしまいました。攻撃では3得点に終わることにはなりましたが安打もそこそこ出すことができ、初戦として最低限のスタートは切れたように思います。今後の試合に向けてさらに調子を上向かせ、優勝目指して戦いたいと思います。これからもご声援の程、よろしくお願い申し上げます。



[332] 練習試合

投稿者: 熊澤 投稿日:2018年 2月25日(日)10時53分33秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼致します。投稿が遅れてしまい申し訳ありません。昨日行われました練習試合(vs大阪市立大学医学部)の結果をご報告させていただきます。

市大医 000 321 002    8
京府医 201  012 030    9
(練習試合であった為、9回裏まで)

1中 佐藤
2三 平尾
  三 熊澤
3一投 佐々木
4左 音嶋
5捕 森
6投 上村
  一 永守
7二 佐伯
8遊 米永
9右 辻
  打 山口
  走 濱嶋
  右 苗代

安打16  四死球4  盗塁6  失策5

上村、佐々木-森

上村 : 4回0/3  81球  被安打5  与四死球4  奪三振5  自責点3
佐々木 : 5回  103球  被安打4  与四死球3  奪三振7  自責点0

1回裏、京府医は1死から2番平尾が四球を選び出塁すると、3番佐々木、4番音嶋の連打で1死満塁のチャンスを作ります。ここで5番森が押し出しとなる死球を貰い先制点をあげると、6番上村の内野ゴロの間にもう1点を追加して初回から2点を先制します。

3回裏、京府医は1死から3番佐々木が四球で出塁するとすかさず二盗を決め、チャンスを作ります。続く4番音嶋がレフト前に落とすタイムリーを放ち、1点を追加してリードを3点に広げます。

4回表、ここまで順調に抑えてきた上村でしたが、先頭に死球を与えると、1死からツーベースを打たれ、2.3塁のピンチを迎えます。続く打者を内野ゴロに打ち取る間に1点を失うと、さらに四球、センターオーバーの2点タイムリーツーベースを打たれ、この回同点に追いつかれます。

5回表、上村は先頭打者を内野安打で出塁させると、盗塁や四球で無死1.3塁のピンチを迎えます。踏ん張りたい所でしたが、続く打者にライトへタイムリー、さらに連携が乱れる間に1塁走者もホームインし、2点を奪われます。さらに続く打者に死球を与えてしまい、ここで京府医は投手を佐々木にスイッチします。追加点を奪われると苦しくなる状況でしたが、投直併殺に打ち取るなど、佐々木が完璧な火消しに成功し、2点ビハインドで食い止めます。

5回裏、すぐさま反撃したい京府医は先頭の2番平尾が三塁線を破るツーベースで出塁すると、続く3番佐々木もレフトへタイムリーツーベースを放ち、1点を返します。

6回表、佐々木は四球とツーベースで無死2.3塁のピンチを迎えます。続く打者にゴロを打たせ、本塁封殺を狙いますが、わずかに及ばず1点を追加されます。その後無死満塁とまでされますが、そこから三者連続三振と佐々木が圧巻のピッチングを見せ、更なる追加点は許しません。

6回裏、京府医は先頭の8番米永がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と盗塁で1死3塁のチャンスを作ります。続く1番佐藤は内野ゴロを放ちますが、これが相手のエラーを誘い、1点を返します。その後二死無走者となりますが、2番平尾がライト前ヒット、3番佐々木がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち、同点に追いつきます。

7回裏、京府医は二死から8番米永、代打山口の連続内野安打で1.3塁とすると、新加入の1回生、濱嶋を1塁代走に送ります。濱嶋は自慢の快足であっさり盗塁を決め、チャンスを拡大しますが後続が返せず、得点には至りません。

8回裏、京府医は1死から3番佐々木、4番音嶋の連打で2.3塁とすると、5番森が三遊間を破る2点タイムリーを放ち、勝ち越しに成功します。その後更に1点を加え、リードを3点とします。

9回表、佐々木は連続四球とエラーで無死満塁のピンチを迎えます。続く打者を内野ゴロに打ち取り1死としますが、暴投とエラーで2点を失ってしまいます。しかし、佐々木は最後の打者を三振に打ち取り、1点のリードを保ってこの回を終えます。

9回裏、京府医は相手のエラーでチャンスを作りますが、得点には至らず、試合終了。


リーグ戦前の最後の練習試合、さらに昨年の西医体で敗れた相手との試合でしたが、辛くも勝利を収めることができました。しかし、守備面でのサインプレーや連携が上手くいかず無駄な進塁、得点を許す場面が見受けられ、リーグ戦までの課題が見えた一戦となりました。修正点をしっかりと直し、リーグ戦で優勝を掴み取る事ができるよう、部員一同練習に励んでまいります。
今後ともご声援の程、宜しくお願い致します。



[331] 2月12日 練習試合の結果 ご報告

投稿者: 岩本在央 投稿日:2018年 2月13日(火)14時10分25秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼します。昨日行われました練習試合(対大阪大学歯学部)の結果をご報告致します。投稿遅くなり申し訳ありません。

京府医 000 010 000 1
阪大歯 101 000 000 2

1中 佐藤
  右 永守
2三 平尾
       山口
3投 音嶋
       上村
       佐々木
4一 岩本
5捕 森
6二 佐伯
7遊 米永
8左 苗代
       熊澤
9右中 辻
安打2 四死球2 盗塁0 失策2
音嶋、上村、佐々木―森
音嶋: 3回 54球 被安打2 与四死球3 奪三振0 自責点1
上村: 3回 42球 被安打0 与四死球1 奪三振6 自責点0
佐々木: 3回 47球 被安打2 与四死球1 奪三振7 自責点0

1回表、先頭の1番佐藤が四球を選び、2番平尾がバントで送りますが、後続が倒れ先制点はなりません。

1回裏、先発の音嶋は1、2番を四球で歩かせると、3番にヒットを浴び、その後暴投で1点を失います。

3回裏、音嶋は四球で出した先頭打者をタイムリーで還され1点を追加されます。

反撃の糸口をなかなか見いだせない京府医は5回表、2死ながら8番苗代がエラーで出塁すると、続く9番辻がレフト前ヒットで繋ぎます。すると1番佐藤がレフト前タイムリーヒットを放ち1点を返します。

4~6回は上村が、7~9回は佐々木がそれぞれ6個、7個の三振を奪いながら圧巻の投球を見せ、ゼロ封します。

しかし本日の京府医のバットは湿りに湿っており、6回以降無得点のまま1―2でゲームセット。

この日の試合では、全体的に選球が悪かったり、スイングが鈍かったりと打線が精細を欠いていました。今年初の試合で、投手の実戦的な球を打つのが久々ということはありましたが、3月からリーグ戦を戦っていくにあたってそういった実戦的な技術・勘を戻し、さらに高めていく必要性を感じました。ただ、中盤以降はバットが振れてきたり、投手はやはり圧倒的な投球を見せてくれ、守りの面でも大きなミスはほとんどなく、秋冬の練習で培ったものが垣間見えることもありました。
春リーグまで練習試合は残り1試合しかありませんが、あと1ヶ月で試合で結果を出せる状態にしっかりと高めていきたいと思います。本年も暖かいご声援、よろしくお願い致します。


レンタル掲示板
368件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.