京都府立医科大学準硬式野球部公式掲示板



カテゴリ:[ 野球 ] キーワード: 準硬式野球


404件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[407] 秋季医歯薬リーグ 戦評

投稿者: 松川爽一郎 投稿日:2021年10月25日(月)14時16分6秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼いたします。10月23日に行われました秋季医歯薬リーグ(vs.摂南大学薬学部)の結果を報告させていただきます。

摂南大学薬学部  130  030  020   9
京都府立医科大学 000  320  000  5

?左二ハマ嶋
?中佐藤
?右投上村
?投左鈴木
?捕吉田
?三田邉
?一永守
?二投左大川
?遊米永
安打:7  四死球:5  盗塁:3 失策:4

鈴木、大川、大川ー吉田
鈴木5回 63球 被安打5 与四死球7 奪三振1 自責点7
大川3回0/3 66球 被安打65 与四死球2 奪三振3 自責点2
上村3/3 16球 被安打1 与四死球0 奪三振3 自責点0

一回表
この試合の先頭打者を四球で出塁させてしまうと、 2番打者のゴロ間に2塁に進まれ、3番打者への暴投の間に三塁まで進まれてしまいます。 3番打者の打球は一塁手(永守)への強襲で弾いた球を投手(鈴木)が捕球し、そのまま一塁を踏みに行きますが、打者走者はセーフ、この間に1点を先制されてしまいます。しかし、後続を断つ投球で、この回は最少失点に抑えます。

二回表
この回の先頭打者を四球で出塁を許しますが、続く打者をセカンドゴロで1死一塁とします。アウトを取り落ち着いたように見えますが、ここから4者連続四球、次の打者にヒットを浴び3点を失います。しかしその後の打者はショート(米永)フライ、ファースト(永守)ゴロでこの回を終えます。

四回裏
4点差とされこの回あたりで反撃に繋がる点が欲しいところ。この回の先頭打者(鈴木)が四球を選ぶと、盗塁で無死二塁とします。続く打者(吉田)がヒットで繋ぎ無死一三塁とすると、続く6番打者(田邉)がセンターの頭を越えるタイムリー三塁打を放ち、 2点返します。続く打者(永守)はセカンドゴロに倒れ、1死三塁という状況で続く打者(大川)はサードへの犠打で三塁走者(田邉)はホーム生還、1点差に迫ります。2死ランナー無しで続く打者(米永)はライトフライに倒れ、この回を終わります。しかしこの回で1点差に迫り、徐々に追い上げムードが出てきてベンチは盛り上がります。

五回表
1点差に迫った次のイニング。この回の先頭打者、と次の打者を三振、ファーストゴロでテンポよく2死とします。しかし、続く打者を四球で出塁を許すと、次の打者にセンターへのヒットで一塁走者は一気に三塁まで進塁を試みます。センター(佐藤)からサード(田邉)への送球で捕球しきれずセーフ、そらしたのを見た打者走者は2塁に進もうとし、それを刺そうとするサード(田邉)が送球エラーで打者走者もセーフ、さらに三塁に進んでいたランナーはホーム生還、ワンプレーで2エラーと痛い失点をしてしまいます。後続を断ちたいところですが、次の打者にレフト前ヒットを打たれてさらに1点を失います。さらに続く打者に二塁打を浴び、1点を許してしまいますが、打者走者が三塁への進塁を試み、この打者走者をセンター(佐藤)ショート(米永)サード(田邉)見事な中継プレーでアウトにし、3アウト、この回を終わらせます。しかし、得点後の回の失点でダメージのある失点をしてしまいます。

五回裏
この回の先頭打者(ハマ嶋)はセカンドゴロに倒れ、1死。続く打者(佐藤)はヒットで出塁します。続く打者(上村)は四球を選び1死一二塁とします。続く打者(鈴木)のレフト前ヒットで二塁走者(佐藤)はホーム生還、1点を返します。しかしその間に三塁への進塁を試みた一塁走者(上村)はサードでタッチアウト、2死一塁とします。続く打者(吉田)の打席で相手バッテリの捕逸で一塁走者(鈴木)は二塁へ進みます。状況が変わった打者(吉田)はサードゴロに倒れたかと思いましたが、サードの送球が逸れ、その間に二塁走者(鈴木)は一気にホームへ生還します。続く打者(田邉)はライトフライに倒れこの回を終わります。しかし、点を許した後の 2点差に迫る得点ということもあり、追い上げムードが高まっていきます。

六回表
この回、投手が代わり大川がマウンドに上がります。先頭打者をサードファウルフライ、続く打者に四球、盗塁を許しますが、後続を三振、ショートゴロに打ち取り、流れを呼び込む投球をします。

八回表
この回の先頭打者をファーストゴロに打ち取り1死としますが、続く打者に二塁打を浴び、続く打者にもヒットを許し、1死一三塁とすると盗塁を許します。続く打者にヒットを許すと、またもや盗塁を許し1死二三塁。しかしその後の打者を打ち取り、3アウトとし、この回を終えます。

八回裏
4点差とされて、このあたりで1、2点を返したい状況の中、この回の先頭打者(田邉)がショートのエラーで出塁すると送球が逸れたのを見て、一気に二塁まで進塁します。続く打者(永守)は三振に倒れ、1死二塁。しかし、次の打者(大川)がライトへのヒットで出塁すると、1死一三塁とチャンスを作ります。しかしその後の打者(米永)がセカンドフライ、続く打者(ハマ嶋)もセカンドゴロに倒れ、得点とはなりません。

九回表
これ以上点差を広げられないためにも、この回の失点は避けたい状況で、先頭打者に二塁打を浴び、投手(大川)がマウンドを降り、それまでライトを守っていた上村がマウンドに上がります。変わって先頭を三振で打ち取りますが、続く打者にヒットを許し、1死一三塁とし、さらに一塁走者に盗塁を許し1死二三塁のピンチを迎えます。しかしその後の打者を二者連続の三振に打ち取り、ピンチを切り抜けます。

九回裏
試合に勝つために意地でも点をとりたい場面ではありますが、 この回の先頭打者(佐藤)がライトフライ、続く打者(上村)はショートゴロ、続く打者(鈴木)はライトフライに倒れ、三者凡退でこの試合が終わります。


この試合を落とすと、後の試合を取るしかないという緊張感の中で少しの焦りがミスにつながる場面が見受けられました。しかし、打線においてはヒットや長打、犠打といった、しっかりと1点を取りきるという堅実さも見受けられたかと思います。打線の繋がりと守備面での落ち着きをもう一度取り戻し、次の関西医大戦ではよりいい試合になるよう精進して参りますので、OBOGの皆様におかれましては、是非とも引き続き温かいご声援をよろしくお願いします。




[406] 今年度のOB戦並びに追い出しコンパ中止のご連絡

投稿者: 田邉裕紀 投稿日:2021年10月20日(水)15時49分7秒   通報   返信・引用

お忙しい中失礼致します。京都府立医科大学準硬式野球部 主務の田邉 裕紀と申します。

只今、我々は感染対策を徹底しながら秋季医歯薬リーグに出場させて頂くことが出来ており、勝利にむけて日々励んでいるところであります。
このようにコロナ禍でも我々が野球に向き合うことが出来ていますのも最前線で活躍されている皆様方のご尽力のおかげと考えております。改めて深くお礼申し上げます。

さて、毎年11月に予定されておりますOB戦並びに追い出しコンパに関しましては、大人数での密集・会食となることを鑑みて本年度も中止とさせて頂きたく存じます。

このような中ではございますが、部員一同、将来への自覚をもって今出来ることを頑張って参ります。OB・OGの皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援ご声援をよろしくお願い致します。


京都府立医科大学準硬式野球部
主務 田邉裕紀

TEL:080-3853-1537
E-mail:yuki.t.1228@i.softbank.jp



[405] 秋季医歯薬リーグ(vs大阪市立大学医学部)の結果のご報告

投稿者: 田邉裕紀 投稿日:2021年10月18日(月)22時45分23秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼いたします。10月16日に行われました、秋季医歯薬リーグ(vs.大阪市立大学医学部)の結果をご報告させていただきます。

大阪市立大学   210 202 012 19
京都府立医科大学 000 000 50 5

?左濱嶋
?中佐藤
?右鈴木
二投長尾
?投右上村
?捕吉田
?三田邉
?一永守
一日置
?二投二大川
?遊米永
安打:10  四死球:6  盗塁:2 失策:6

上村、大川、長尾ー吉田
上村6回 123球 被安打6 与四死球6 奪三振5 自責点7
大川1回1/3 60球 被安打6 与四死球3 奪三振3 自責点9
長尾2/3回 22球 被安打3 与四死球2 奪三振0 自責点3

一回表
先頭打者をエラーで出塁させてしまい、盗塁を許し3番打者ヒットで幸先の悪い失点を許してしまいます。続く4番打者はフライに打ち取り 2アウトとしますが5番打者に死球、6番打者にはレフトのエラーで追加点を許します。最後は三振で締めますが、初回に2点を許してしまう形となります。

一回裏
反撃したい初回の攻撃、1番の濱島がショートへの内野安打で出塁し続く佐藤の内野ゴロの間に2塁に進みます。3番鈴木がサードへの強襲ヒットで続きます。4番の上村は凡打に倒れますが、続く5番の吉田がレフト前ヒットを放ちタイムリーかと思われましたが、一塁ランナーだった鈴木が二塁ランナー濱島のホーム生還より前に三塁でアウトとなり得点とはなりません。

二回表
先頭打者をゴロに打ち取りますが、続く打者を振り逃げで一塁への送球エラーによって2塁まで進まれます。その後2者連続ヒットでこのランナーの生還を許してしまいます。しかし後続を抑え、この回は最小失点で凌ぎます。

三回裏
先頭の佐藤がサードの内野安打で出塁し、続く鈴木が自分も生きようという犠打で一死二塁とします。二死二塁となり5番の吉田がセンター前ヒットを放ちチャンスを広げます。続く6番の田邉はライナーを放ちますがサードの好守備に阻まれこの回も得点とはなりません。

四回表
先頭打者を三振で打ち取り、三回表から三者連続三振と自分のリズムを取り戻したかに思えましたが、エラーで出塁を許し続く打者を三振で2アウトとしますがその後2者連続ヒットと押し出しの四球でこの回2点の追加点を許してしまいます。

六回表
先頭打者にヒットを許し、盗塁でセカンドに進まれます。続く打者に四球を許し盗塁で無死二三塁とピンチを招きます。続く打者はサードゴロでサードの田邉がバックホームしワンアウトとしますが、その後の打者をレフトのエラーなどによりこの回痛い 2点を許してしまいます。

七回表
この回得点を許してしまうと、7点差コールド負けという屈辱的な敗北に繋がりかねない大事な回でマウンドに上がったキャプテン大川でしたが、アウト3つをすべて三振で取るという、流れを呼ぶ投球で得点を許しません。

七回裏
7点差で迎えた七回裏の攻撃で、1点でも取らなければコールド負けというイニング。先頭の濱島は四球を選び盗塁でチャンスを作ります。が続く打者2人は連続三振と2アウトと追い込まれます。しかしその後の打者は6番の田邉と8番の大川のタイムリーヒットを含め、エラー、四球、と打線が意地の繋がりを見せ、この回で 2点差に迫る一挙5得点とビッグイニングとします。

八回表
2点差に迫りこのまま勢いに乗るためにもこの回を0で抑えたかった八回表でしたが、この回の先頭打者にヒットを浴びると続く打者には四球、ヒット、ヒットと次々と繋がれてしまい、大川はここでマウンドを降ります。変わった一年の長尾ですが、先頭をヒット、続く打者もヒット、四球、死球とアウトを取れませんが、笑顔の垣間見える投球で2アウト、3アウトを順調に取りこの回を終わらせます。しかし、振り返ってみれば12失点を許すビッグイニングとなってしまいました。

八回裏
点差を14とし、この回で8点取らなければコールド負けとなる中で先頭打者は外野フライ、続く打者も外野フライで追い込まれます。一矢報いたい中で打者は上村、サードへのゴロで全力疾走しますがギリギリの判定でアウト、試合終了となります。


久々の試合ということもあり、緊張感が漂う中で足が固まっていたことや、他校に比べてあまり練習が出来ていないという中での試合で終わってみれば5-19と大差で負けを喫しました。しかし、打線はあと一歩に迫る場面も多く練習の成果が見られました。ホーム送球でのタッチアウトや一塁への全力疾走でエラーを誘ったりと光るプレーも多く見られ、白熱した試合展開となりました。
一方で守備の面ではミスも多く、大阪市大医学部との差を感じる部分も多々ありました。
今回の試合の反省を活かし、続く関西医科大学・摂南大学薬学部との試合に勝利できるよう邁進して参りますので、OBOGの皆様におかれましては、ぜひとも引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします。



[404] 練習試合(vs.京都大学)の結果のご報告

投稿者: 田邉裕紀 投稿日:2021年 8月 9日(月)16時26分56秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼いたします。先日行われました、練習試合(vs.京都大学医学部)の結果をご報告させていただきます。

京大医 011  211  512   14
京府医 002 000 000   2

1左 濵嶋
   右 面澤
2中 佐藤
3投右投 鈴木
   左 江良
4捕 吉田
5三遊 田邉
6遊投 長尾
7一 山口
   一松川
8右 上村
    三 谷口
9二投二 大川
   二木戸
安打:4 四死球:5 盗塁:4 失策:4

鈴木、大川、上村、長尾ー吉田
鈴木:3回 54球 被安打3 与四死球1 奪三振2 自責点3
大川:3回 56球 被安打5 与四死球4 奪三振3 自責点3
上村:1回 28球 被安打5 与四死球0 奪三振2 自責点4
長尾:2回 48球 被安打1 与四死球4 奪三振1 自責点3

2回表
1回表は3人で抑えた先発の鈴木でしたが、2回表1死から左前安打を打たれ、その後盗塁、内野ゴロの間に3塁まで進まれます。続く7番打者に三遊間を抜けるタイムリー左前安打を打たれ、1点を失います。

3回表
投球練習で足をつった鈴木に代わり、急遽大川がマウンドへ上がります。
2死から2番打者に三塁打、続く3番打者にタイムリー左前安打を放たれ、1点を失います。
その後2死満塁となりますが、ここをセカンドゴロに打ち取りピンチをしのぎます。

3回裏
8番上村が四球と盗塁で2塁に進みます。1死から1番濱島がショートへの内野安打と盗塁で二三塁とチャンスを広げます。2死二三塁で、3番鈴木が三遊間を抜けるタイムリー左前安打で2点得点します。

4回表
再びマウンドに戻った鈴木でしたが、四球と2度のワイルドピッチでランナーを三塁に進め、タイムリー安打で1点を失います。その後2死三塁となりますが、ファーストゴロで一塁手から一塁ベースへカバーに入った投手への送球間でミスが起こり、この間にさらに1点失います。

5回表・6回表
再びマウンドに戻った大川でしたが、5回表に四死球とワイルドピッチで1点を失い、6回表には2本の被安打もありさらに1点を失います。

5回裏以降の攻撃
3人で抑えられることも多く、単発的な攻撃が続き、5回以降得点することはかないません。

7回表
この回マウンドに上がった上村でしたが、ストレートをタイミングよくフルスイングされ連打を浴び、この回5点を失います。

8回表・9回表
それまで遊撃手だった1回生の新人長尾がマウンドに上がります。久しぶりの投球だったとは思いますが、変化球を織り交ぜながら打たせて取るピッチングで失点を3に抑え、大健闘しました。が、9回を終えて14-2と大敗する結果となりました。

コロナ禍で練習できていなかったことや久しぶりの試合ということもあり、残念な結果となりました。特にピッチャー陣と攻撃面では力不足を感じざるを得ない試合運びでした。一方で守備の方では練習の成果か、ミスを最小限に抑えれたと思います。連携面では試合の中で浮き彫りになる課題もあり今後の練習に活かしていきたいと思います。
初心者の数も増えたチームで、全てにおいて初期段階であり今後の練習で個人力・チーム力ともに向上させる必要があります。上回生の指導の下、今後さらに練習に励む所存です。
今回の試合の反省を活かし、勝てるチームになれるよう精進して参りますので、OBOGの皆様におかれましては、ぜひとも温かいご声援をよろしくお願いいたします。



[403] 活動再開ならびに新入生入部のご報告

投稿者: 田邉裕紀 投稿日:2020年12月21日(月)22時24分21秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼致します。京都府立医科大学準硬式野球部・新主務の田邉と申します。精一杯務めさせていただきます。よろしくお願い致します。

長らく休止しておりました準硬式野球部としての活動ですが、大学のガイドラインに準じて感染拡大防止対策を徹底しながら、先月より活動を再開致しました。
同時に新入生の勧誘も進め、今年度は4名の新入生が入部してくれました。新チームとして1試合でも多く勝利できるよう練習に励んでいきたいと存じますので変わらぬご声援の程よろしくお願いいたします。

このような状況下ではありますが、部員一同できることから始めていく所存ですので、OBOGの皆様におかれましては今後とも御支援御鞭撻の程よろしくお願い致します。


京都府立医科大学準硬式野球部 主務
田邉裕紀
080 3853 1537
yuki.t.1228@i.softbank.jp




[401] 練習試合(vs.京都教育大学)の結果のご報告

投稿者: 米永豊 投稿日:2020年 2月16日(日)13時18分44秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。昨日行われました練習試合(vs.京都教育大学)の結果をご報告させていただきます。

京府医 000 012 003 6
京教大 003 100 03× 7

DH使用時
1二 濵嶋
2中 佐藤
3DH 上村
4右 山口
5遊 音嶋
6一 吉田
7左 永守
8捕 米永
9三 田邊
投 鈴木

DH解除時
1二 濵嶋
  打 日置
2中 佐藤
3投 上村
  投 大川
4右 山口
5遊 音嶋
6一捕 吉田
7左 永守
8捕投 米永
9三 田邊

安打:9 四死球:8 盗塁:1 失策:1

鈴木、上村、大河ー米永
米永ー吉田
鈴木
4回 87球 被安打6 与四死球3 奪三振2 自責点3
上村
1回 17球 被安打0 与四死球2 奪三振1 自責点0
大川
1回 20球 被安打0 与四死球3 奪三振0 自責点0
米永
2回 41球 被安打2 与四死球3 奪三振0 自責点2

3回裏
2回まで無失点で抑えていた鈴木でしたが、安打で走者を背負った後に捕逸が続き、この回3失点してしまいます。

5回表
先頭打者8番米永がつまりながらもセンター前に運ぶと、9番田邊が右前安打で続きます。暴投で進塁し、1死二三塁のチャンスで2番佐藤がスクイズを成功させ1点を返します。またこのスクイズが三塁線ギリギリに転がり、相手はファウルゾーンに出るのを待ちますが、これがフェアになりこの間に佐藤が二塁まで進みます。

6回表
この回から交代した投手に対して、7番永守が中前安打を放ち、続く打者も四死球を選んで、押し出しで1点を加え、なおも1死満塁のチャンスとします。2番佐藤が再びスクイズを成功させ、この回2点を返します。

9回表
代打日置が得意のインコースを打ち、三塁打とします。2番佐藤も安打で続き、1点を返します。4番山口が四球を選ぶと5番音嶋がライトへ安打を放ち、中継が乱れる間に音嶋が三塁へ進みます。しかし後続が打ちとられ、1点差まで迫るもあと一歩届かず試合終了。

オフの後、最初の練習試合でしたので、中継プレーなどの実践的なプレーを磨かなければいけないと思いました。しかし、基本的な守備や捕球はしっかりできていました。またこの試合では、下位打線が安打や四死球で出塁し、1番2番のスクイズなどで得点し、クリーンナップでさらに得点を狙うという攻撃パターンを作ることができました。春リーグに向けて試合を想定した練習をして、隙のないチームを目指して行きますので、OBOGの皆様におかれましては温かいご声援をよろしくお願いします。



[400] 2020年度 卒業式に関しまして

投稿者: 山口 達生 投稿日:2020年 2月 3日(月)11時24分7秒   通報   返信・引用

いつもお世話になっております。京都府立医科大学準硬式野球部 主務の山口 達生と申します。
3月7日(土)に行われます卒業式後に、本年も準硬式野球部では卒業生の皆様を囲んだお食事会を開催させて頂きます。

【ご案内】
日時:2020年3月7日(土) 14時頃~
                (卒業式が終わり次第)

おところ:ルルソンキボア
????????(http://www.ruruson.sakura.ne.jp/

住所:京都市北区上賀茂豊田町52 ??? (http://www.ruruson.sakura.ne.jp/map/

電話番号:075-701-7155
??                以上

ご参加頂けるOB・OGの皆様、お手数ですが下記の連絡先までご連絡頂けますようよろしくお願い致します。

また、クラブボックスに卒業生の皆様にお渡しするメッセージバット及び色紙を準備させて頂いております。一言添えて頂けるOB・OGの皆様、ご足労頂きたく存じます。よろしくお願い致します。


京都府立医科大学準硬式野球部
主務 山口 達生
090 6601 8115
ty0729@softbank.ne.jp



[399] 関西医歯薬秋リーグ第6試合(vs.滋賀医科大学)の結果のご報告

投稿者: 米永豊 投稿日:2019年11月17日(日)14時47分40秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼いたします。本日行われました、関西医歯薬秋リーグ第6試合(vs.滋賀医科大学)の結果をご報告させていただきます。

滋賀医 000 503 1  9
京府医 000 100 0  1 (7回コールド)

DH使用時
1二 濵嶋
2左一 永守
3中 鈴木
4DH 吉田
5遊 音嶋
6右 山口
7一 日置
  左 大川
8捕 米永
9三 田邊
投 佐藤

DH解除時
1二 濵嶋
2左 永守
3投 鈴木
4一 吉田
5遊 音嶋
6右 山口
7中 大川
8捕 米永
9三 田邊

安打:2 四死球:4 盗塁:1 失策:2

佐藤、鈴木ー米永
佐藤:6回 99球 被安打4 与四死球4 奪三振3 自責点6
鈴木:1回 15球 被安打1 与四死球0 奪三振1 自責点1

3回表
この試合先発の佐藤ですが、3回まで四球1つのみで滋賀医打線を完璧に打ち取ります。

4回表
この回、四死球が続いてしまいピンチとなると、バッテリーエラーもからんで5点を失います。

4回裏
先頭1番濵嶋がセカンド内野安打で出塁します。2死から3連続四球で押し出しとなり1点を返します。

7回裏
得点差が大きくなり、出塁し反撃したいところでしたが、出塁は5回の濵嶋の左前安打と6回の吉田の四球のみと、相手投手に抑えこまれ、5回から得点できず、コールド試合となり試合終了。

残念ながら、秋リーグ最終戦を勝利で終わることができませんでした。11月の2試合で打撃力がないことを痛感させられました。冬のオフ期間で練習や試合がなくなるため、この期間に個人ごとにスイングを磨くべきだとチーム全体で認識しました。秋リーグはあまり良い結果をご報告できませんでしたが、春リーグでは個人個人がレベルアップをし、良い結果を残せるよう精進してまいります。OBOGの皆様におかれましては、温かいご声援をよろしくお願いします。



[398] 関西医歯薬秋リーグ第5試合(vs.関西医科大学)の結果のご報告

投稿者: 米永豊 投稿日:2019年11月10日(日)20時13分5秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼いたします。本日行われました、関西医歯薬秋リーグ第5試合(vs.関西医科大学)の結果をご報告させていただきます。

関西医 000 013 000 4
京府医 100  001 100 3

DH使用時
1二 濵嶋
2中 佐藤
3遊 音嶋
4右 山口
5DH 吉田
6左 永守
7一 日置
8三 田邊
9捕 米永
投 鈴木

DH解除時
1二 濵嶋
2投 佐藤
3遊 音嶋
4右 山口
5一捕 吉田
6左一 永守
7中 鈴木
8三 田邊
9捕 米永
  左 大川

安打:5 四死球:7 盗塁:5 失策:0

鈴木、佐藤ー米永、吉田
鈴木:6回 127球 被安打5 与四死球9 奪三振8 自責点4
佐藤:3回 40球 被安打1 与四死球1 奪三振1 自責点0

1回表
四死球で満塁のピンチを迎えますが、スライダーがよく曲がり、2者連続の奪三振などで先制点を許しません。

1回裏
先頭1番濵嶋が四球と盗塁で二塁へ進みます。2番佐藤の進塁打で濵嶋を三塁へ進めると、暴投で1点を先制します。

4回まで両チームとも安打や四死球で出塁しますが、要所で抑えて得点板に0が並びます。

6回表
相手先頭9番打者に甘くなったストレートをとらえられ右中間に運ばれ、これが三塁打となります。1番打者を四球と盗塁で二塁へ進まれると、2番打者の犠飛で逆転を許します。またこの間に走者が三塁へ進塁します。そして、4番打者に再び犠飛を放たれます。この回に計3点を失います。

6回裏
2番佐藤が得意な三塁側のバント安打で出塁します。3番音嶋が左前安打で続くと、相手の暴投で無死二三塁のチャンスとなります。三塁走者佐藤が飛び出し、三塁本塁間で挟殺プレーになりますが、佐藤がこれをかわして生還し1点を返します。

7回裏
先頭7番鈴木が左前安打で出塁します。この後盗塁と振り逃げの間の進塁により三塁まで進みます。三塁走者鈴木の好スタートにより、1番濵嶋のセカンドゴロの間に生還し、1点差まで迫ります。

9回表
7回からマウンドに上がった佐藤ですが、変化球を打たせてとり、二塁を踏ませず無失点で抑えて、9回の逆転を待ちます。

9回裏
2死から1番打者濵嶋が相手の失策で出塁します。2番佐藤も中前安打で続きますが、後続が打ち取られて試合終了。

残念ながら、試合に勝つことはできませんでした。いくつか四死球はありましたが、ストライクゾーン付近にボールが集まり、ピンチをしのぐことができ、試合を作ることができたのはいい経験になったと思います。打撃面は好投した投手を援護することができませんでした。より鋭いスイングができるよう個人個人での努力が必要だと思います。秋リーグも残り1試合となりましたが、最後の試合を勝って終われるように全力を尽くしていきますので、OBOGの皆様におかれましては温かいご声援をよろしくお願いいたします。



[397] 関西医歯薬秋リーグ第4試合(vs.大阪医科大学)の結果のご報告

投稿者: 米永豊 投稿日:2019年10月 7日(月)13時28分34秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼いたします。昨日行われました、関西医歯薬秋リーグ第4試合(vs.大阪医科大学)の結果をご報告させていただきます。

大阪医 010 040 003   8
京府医 012 140 001×  9

1二 濵嶋
2投中 佐藤
3中投 上村
4右 山口
5遊 音嶋
6一 吉田
7左 永守
  走 鈴木
8三 田邊
9捕 米永

安打:11 四死球:9 盗塁:4 失策:1

佐藤、上村ー米永
佐藤:4回 76球 被安打5 与四死球1 奪三振1 自責点1
上村:5回 79球 被安打7 与四死球4 奪三振2 自責点7

2回表
相手5番、6番、8番にそれぞれ単打をあびて、2死満塁のピンチを迎えます。続く9番打者の2球目、フォークボールが不運にもホームベースで大きくバウンドして後ろに逸れて、1点を失います。

2回裏
4番山口、5番音嶋が連続で四球を選ぶと、6番吉田が犠打を成功させ、1死二三塁のチャンスを作ります。7番永守の内野ゴロの間に山口が生還し、1点を返して追いつきます。

3回裏
先頭9番米永が四球と盗塁で二塁へ進みます。1番濵嶋の進塁打で1死三塁となります。2番佐藤がセーフティースクイズを成功させます。さらに3番上村が外角の緩いスライダーを引っ張り、ライトへのソロホームランを放ちます。

5回裏
4番山口の四球と5番音嶋の相手失策により無死一二塁のチャンスとなります。6番吉田と7番永守が連続でタイムリー安打を放ち、3点を加えます。また、8番田邊が振り逃げで出塁します。そして1番濵嶋がライト前にヒットを放ち、ライトが打球の処理を誤っている間に、田邊が生還し、この回計4点を加えます。

9回裏
9回表に同点に追いつかれてしまいますが、7番永守、8番田邊、9番米永が連続の四死球で出塁し、満塁となります。この後、相手が暴投をしてサヨナラ勝ちとなります。

これまでの試合の経験や反省が少しずつ活かすことができ、大きなミスをすることがなくなってきました。しかしながら、走塁ミスや無駄な四死球など改善できることはまだまだあると思います。秋リーグで2勝することができ、1部リーグの残留が決定しました。残り2試合も、今回の試合の反省を活かして、勝てるように精進してまいりますので、OBOGの皆様におかれましては、引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします。


レンタル掲示板
404件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.