teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


サッカーW杯

 投稿者:下手な考え~  投稿日:2018年 6月24日(日)04時35分9秒
  ご無沙汰しています

6月は私の誕生月なのですが、梅雨だし、祝日は無いしで、大嫌いな月でした
でも今年はサッカーW杯があるので、それなりに楽しい月になっています
 
 

疲れた

 投稿者:迷幹事  投稿日:2018年 6月23日(土)10時45分58秒
  久しぶりに、二日酔いになってしまいました。
というか、とにかく疲労感が、半端ないです。
今日も所要で、都内をうろちょろするわけで
このところ、週末も半端なく忙しいです。
 

芝刈り

 投稿者:でぶ道  投稿日:2018年 6月19日(火)15時51分44秒
  小澤  芝刈り行こーーよーー
西関  ゼクシオ 見たいよーー
国夫  生きてるかーーーー
でぶ道 生きてマーーーす
 

最近の披露宴

 投稿者:迷幹事  投稿日:2018年 6月16日(土)15時40分35秒
  今日は、部下の披露宴に出席しました。
今日の披露宴は、比較的、おとなしい披露宴でした。 ただ、新婦がわかく、ご友人の中でも、早い結婚らしく、まるで女子大の謝恩会のようでした。
着飾った、若い女の子の集団といえば、座銀でしか見ない迷幹事には、目の保養になりました。
とにかく、新郎新婦との写真の撮影大会が延々と続き、キャンドルサービスも、友人のアトラクションもなしです。

帰りの電車にいた、40もかなり↑すぎた、独身のおばさま達3人組が、かわいそうになりました。
明日は、早朝から、ゴルフです。
週末も忙しい迷幹事でした。
 

御礼

 投稿者:迷幹事  投稿日:2018年 2月11日(日)11時59分13秒
  昨夜は、楽しい時間を過ごさせて頂き、誠にありがとうございます。
幹事の小倉さん、お世話になりました。
また、お会い出来る日を楽しみにしています。
 

愉楽にて11

 投稿者:迷幹事  投稿日:2018年 2月 6日(火)20時15分14秒
  なんだかんだと読んでいるうちに、第六章になってしまいました。
ファーリンとの事も、亡妻の遺産の使途不明キンの話しも、中途半端に終わり、消化不良です。
第5章は、なんだったんだ?
思わせぶりな事ばかりで、林真理子は、何考えてるんだよ

田口さんは、官能的な豆孝ちゃんより、知性派のファーリンの方が好みという事が言いたい事だったんですかね。
亡妻の2千万円の使途不明金は、田口さんの知らないとこで、奥さんが不倫をしてたから、田口さんももっとやっちゃいなさいよって事ですかね?
まっいいや
それにしても、金持ちのお婆さんには、困ったもんです。
田口さんには、せいぜい 苦労してもらいましょう。
 

愉楽にて10

 投稿者:迷幹事  投稿日:2018年 1月27日(土)10時39分13秒
  田口さんは、結局、お金持ちのボンボンでしかも、三男坊!
なんだかんだといっても、臆病です。
まっ、よくいる典型的な、お坊ちゃまですね。
そのくせ、欲望はいっちょまえで、困ったもんです。
豆孝ちゃんとの事は、成り行きで進んでしまって、なんとなく後悔している感じに見えますがいかがでしょうか?
ファーリンとのことを、よりによって久坂さんに知恵を借りるなんて、最低~
一カ月前には、田口さんを、頑張れ~ と応援していたのにガッカリです。
世の中に対し、斜に構えて、鼻につく嫌な感じの久坂さんの方が、面白いかも。

この一週間、寒かったですが、皆さん、元気ですか?
 

愉楽にて9

 投稿者:迷幹事  投稿日:2018年 1月21日(日)10時34分42秒
  田口さんと豆孝ちゃんは、お母様が救急車に乗った夜に、豆孝ちゃんの部屋で、結ばれました。めでたしめでたし!
それにしても、田口さんは、細かな事が気になる男です。慎重なのかどうかはわかりませんが、何でも、久坂さんに連絡取り合うところがどうも歯がゆくてたまりません。
今度は、中国の有名政治家の孫娘が相手ですが、手強そうです。
それにしても久坂さんは、CAとのスピード感には、舌を巻きます。 男ならこうでなくっちゃね
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:下手な考え~  投稿日:2018年 1月 3日(水)07時53分17秒
  暮れに母親が入院し、ごたごたしていたので新年の挨拶が
遅れてしまいました

軽い脳梗塞だったのですが高齢なので、これからの事も含めて
退院後が心配です
 

生成化育

 投稿者:迷幹事  投稿日:2018年 1月 2日(火)09時28分45秒
  あけましておめでとうございます。

若葉ふく
  風もかをりて
    夏の日の
      朝より清き
         わが心かな

新年にあたり、鶴岡八幡宮で頂いた言葉です。
『情欲を流し去った、清浄心を基調としなさい。』といった意味だそうです。
なかなか、難しいことですが、だからこそ、座右の銘として、目指します。
不調法では、ありますが、本年もよろしくお願い致します。
 

お久しぶり

 投稿者:K  投稿日:2017年12月31日(日)16時48分33秒
  名幹事、ん?
迷か^o^
凄い!
肩書は、人を創り上げる。
とにかく、みなさん良いお年をお迎えください!
 

愉楽にて8

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月29日(金)19時40分24秒
  田口さんの、母親の具合は、大した事がありませんでした。まずは、良かった良かった。
田口さんの、その後の行動は、素早く、今迄の田口さんとは、大違いです。ただ少しばかり、色欲が見え見えです。
まずは、京都に向かってどうなるんでしょう。
そう簡単に、事が進むような気がしませんが。
常々思いますが、もしかしたら、豆孝ちゃんと田口さんは、兄妹ではないかと思うが如何か?
今後が楽しみです。
 

愉楽にて7

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月26日(火)18時47分39秒
  結局、東京に逆戻り。
上りの新幹線に乗る前に、長兄や次兄に電話するのが先じゃないのですかね?
それにしても田口氏は、女運が薄いのか、貧乏くじばかりひいています。その点、久坂さんなら、ホイホイと小気味良く話しが進んで、羨ましくさえ思いますが、田口さんをなんとはなしにに応援したくなりますね。
豆孝ちゃんと来週の約束をしていましたが、大丈夫かな?
田口氏の情事は、艱難辛苦の連続ですよ。
頑張れ田口!
 

愉楽にて6

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月25日(月)12時41分42秒
  それにしても田口氏は、可哀想と言うかなんと言うか?
とにかく、歳上の女性に、押されすぎです。
下鴨の屋敷の件だって、菊鶴さんの話しだって、いいように振り回されて、今回だって、何だか話が出来すぎです。豆孝ちゃんの事が、母親にバレて、こんな事になっちゃったんじゃないのですかね。
それにしても、有馬温泉なんてね
新調したイタリアのジャケットは、アルマーニか、ドルチェ&ガッバーナか、それともベルベストか?
豆孝ちゃんは、小紋だろうから嫌味の無い感じかな?
さてさて、名古屋駅で降りて、どうするか

乞うご期待。
 

愉楽にて5

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月20日(水)18時27分54秒
  菊鶴姐さん、いや、お茶屋の女将から、豆孝ちゃんのめんどうみてくれと言われたら、断われないっしょ!
でも、田口さんは、久坂さんと違い、以外と真面目だから、即答は、しないんだろうね。
断っちゃったら、お話しが終わっちゃうから、ズルズルと物語が進むんだろうけど、なんかまだらっこくて、ちょっとストレスです。
 

愉楽にて4

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月17日(日)10時46分31秒
  来ました。
菊鶴姐さんからの電話が・・・
とりあえず、下鴨の屋敷も買うみたいだし
いよいよですかね?
ってことは、筍は、誰が送ったのかね?
期待値  120%
 

愉楽にて3

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月16日(土)16時31分29秒
  今日は、所用で御茶ノ水まで出掛けましたが、京浜東北線の架線切断で、東海道線や横須賀線まで運休し、小田急線で帰りました。
やれやれ
最近の『愉楽にて』は、京都の下鴨の屋敷を買うまでの話しで、濡れ場やそれを思わせる場面もなく、サッパリです。
早いとこ、屋敷を買って、豆孝でも囲っちゃって下さいってな感じです。
物語は、花見の季節なので、祇園祭りには、しっぽりするんですかね。乞うご期待
 

日経新聞は

 投稿者:下手な考え~  投稿日:2017年12月 7日(木)17時24分9秒
  ほぼ毎日、会社で読んでいますが小説は全く目に入りません
というか新聞小説を連続して読んだことが無いです
 

愉楽にて 2

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月 6日(水)17時00分46秒
  結局、田口と豆孝は、一緒に風呂に入ってどうなったんだ?
『これ以上は、野暮どすえ。』

いったいぜんたい、どうしたんだ?
 

愉楽にて

 投稿者:迷幹事  投稿日:2017年12月 5日(火)19時05分19秒
  題名をみて、ニヤっとした人は、よく新聞を読んでいる方です。
日本経済新聞の朝刊に連載されている小説の題名です。  この連載小説が、おじさん世代に結構、評判となり、最近では、週刊誌にも話題が取り上げられています。
物語は、読んで頂けばわかりますが、ひと言で言えば、『失楽園』や『愛の流刑地』と同じです。
『スカートをめくり、薄い絹の下着の上から亀裂を指で触ると、濡れて 云々』といった描写が出てきますが、そこは、作家が女性ということで、渡辺淳一とは違います。
そう言えば、避妊具の記述があったりして、女性の視点に思いをめぐらせながら、楽しんでいます。
 

レンタル掲示板
/42