NBA FANS PAGE!連絡用、掲示板

NBA FAN'S PAGE!についてのご連絡すべき内容(急遽更新を休むですとか、外部からの更新情報など)をお知らせさせていただく掲示板です。 ページを見ていておかしいところなどありましたら、ここで書き込んで頂ければ助かります。 特にルールなどは設けていませんが、管理人の独断と偏見でお断り無く削除(広告、不適切な書き込みなど)させていただいた場合があるかもしれません。ご了承ください。



カテゴリ:[ スポーツ ] キーワード: NBA バスケットボール ニュース


266件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[282] 3年連続で、ファイナルが同一カード

投稿者: kage 投稿日:2017年 6月 2日(金)02時28分35秒 KD106181104013.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

意外にも、これが初めてなんですね。

>まぁキャブスに関しては、ファイナルに進出した頃から、アーヴィングが大化けも大化けしたので、それでも十分すぎるぐらいの戦力ですからね。

今回は、昨プレイオフよりも早めに覚醒しましたね。
カンファレンスファイナル中盤戦以降の彼は、無双でした。

レブロンもまた、凄いですね…。
今までのレジェンドとは違う、未踏の頂きへの道のりに、本格的に足を踏み入れた感を抱かせます。
個人としては、今のNBAでは別格。
カリーもデュラントもレナードも、あそこまではできませんよね。
とはいえこれも、パワーアップしたウォリアーズを屈服させない限りは、本当には証明されませんがね。
レブロンさん、ファイナルになるとまるでバスケットボールの仕方を忘れたかのように混乱・困惑するクセがあるからなぁ。

>「マイケルが8リバウンドもしないといけないというのは…」と苦言を呈していたのを思い出します。

「マイケル。あなたは、一時的に平均8リバウンドだったのですか。へえ、それは凄いですね。まあ、俺なんて年間10リバウンドですけどね」と、MJにドヤ顔で誇るウェストブルックを想像してしまいました。
尽きぬバイタリティを持つウェストブルックですからねぇ。

とはいえ、どのみちウェストブルックの得点とリバウンドとアシストの全てのスタッツを下げることができる陣容にしないと、ファイナル制覇など夢のまた夢でしょうな。

>グリフィンはパスも持ってますし、互いにパスを出し合える状況が生まれるかも。

ウェストブルックからの縦パスやキックアウトだけではく、ポストにいるグリフィンからの全方位的なパスがあればもっとギャップが作りやすくなって、サンダーのオフェンスの質は格段に上がりそうですね。

>オラディポは好きなタイプなんですが、どうでしょうね。今の時代にあっているのか。

オラディポには器用貧乏なきらいはありますが、多才であることは事実だと思うので、何でしょう。
昔風の言い方をすれば、それこそ良い2ndガードになって欲しいんですけどね。
そう。
「シューティングガード」ではなく、多方面でウェストブルックを支える「二番」として。
もちろん、もう少しアウトサイドを安定させなければなりませんが。

ただ、正直に言って私も、オラディポのことはさほど良く評価をしているわけじゃありません。
でもサンダーはそんなに潤沢な資金を持つチームではないですから、なるべく現有戦力を活かさないとねぇ…。

>それでも私の評価が間違っていたことだけは、間違いなく証明してくれました。
いや、本当にすいません。kageさんにアイザイア・トーマスに。

いやいや!
私はasuaさんをはじめいろんな方々から、自分では気付かなかった見方を頂いていますし、今回も「それもそうだな」と感じていた次第です。

>ミルサップいいですねぇ。オフには3000万ドルほどの空きがあるので、できればもう一枚ぐらいほしいところ。個人的には安ければプルムリーぐらいの起用なアウトサイドにいいプレイヤーがほしいところ。

キャブスに完膚なきまでに蹂躙されるこのプレーオフのセルティックスを見て、
「これは…」
「仮にこのチームにミルサップがいて、アイザイアが股関節痛に悩まされていなかったとしても…」
と、両チームの埋め難い戦力値の差に震えてしまいました。
「セルティックスに足りないのは、レナードとドレイモンド・グリーンだな…」
と、非現実的なことまで一瞬考えてしまいましたよ。

でも、ミルサップは獲る価値アリですよね。
同じく今夏FAになるヘイワードを狙っているという話もありますが、今のセルティックスに足りないものをもたらしてくれるのは、ミルサップの方なんじゃないですかね。
ていうか今シーズンのジャズの躍進やヘイワードのジャズ愛、そして結び得る再契約額の大きさを考えると、ヘイワードが敢えて他チームに移籍するとは考えにくいですし。

そして、プラムリーも良いですね。
私も結構好きです。
「当たりに弱いけど、動ける」という点で共通するけど、「捌く側」と「捌かれる側」という点では共通しないオリニクと共にベンチから出て来て、躍動するところを見てみたいです。
でも、モズコフが年平均1600万ドルもらえる時代なので、プラムリーも高くなりそうではありますよね。

>それこそ、トーマスに力強い相棒はほしいとは思いますが、?
>ドラフト1位指名権なんて、祈ってもそうそう手に入るものではないので、指名権はそのままエインジが思うプレイヤーを指名し、2018年オフ、もしくはその次ぐらいに大型補強を狙うぐらいでいってほしいですが。

ドラ1候補とされるマーケル・フルツとドラ2候補のロンゾ・ボール(「ボール」とは、球技選手としては最もややこしい名前ですね。だから、これからはロンゾで!)のハイライト動画をいくつか観てみましたが、両方ともなかなかの逸材ですねぇ。
少なくとも、オールスタークラスにはなれるかも。

特に、198cmのPGロンゾ。
内外のショットがあるだけではなく、クラシカルなPG的に多角的にパスを回す意識もあります。
175cmのアイザイアだと大男に囲まれると視野が遮られてしまうような場面でも、ロンゾならパスを出せるかも。
と、身長や(アイザイアがしたくてもできない)パスの面でアイザイアを補う、相性の良い相棒になり得ますね。

まあ筋金入りのレイカーズファンなのか何なのか、セルティックスのワークアウトへの参加を拒否したようですが。

と、ここまで言っておいて何ですが。
どうやらセルティックスは、大型補強を狙っているらしいですね。
だからドラ1の指名権や指名した選手も、大物を獲得するための駒にすることもあり得ますね。
カズンズなんて噂も浮上しているようですが、いやいや、彼が補強の目玉になるようじゃあ、キャブスにはまるで敵わないままでしょう。

ともあれ、セルティックスはオフシーズンの主役になるかもしれないので、楽しみですね。

>来シーズンからだと、ウェイド自身の意志がそれを拒否するでしょうし。

最近、ウェイドが「蓄えは十分にある」「チームの話を聞きたい」などと言っていましたよね。
これって、要は「キャブスやウォリアーズに勝てそうな陣容を築けないんだったら、オプションを行使せずに移籍しちゃうよ」「移籍先でのサラリーが安くても、優勝できるんだったら気にしないよ」という話だと思うんですよね。

だからジャズ入り云々の話に限らず、条件次第ではウェイドがどこかに移籍するということも、十二分にあり得ると私は考えています。

>プレイヤーオプションのガソルがオプションを破棄してFAとなれば2000万ドルほどあきますが、するとは考えにくいですし。

この夏FAになり、なおかつ40歳にもなって、引退も間近と思われるジノビリのサラリーを落とせばあるいは…。
と、考えました。
ラウリーさんは、「リングだよ」ということらしいので。

でも上のウェイド及びジャズの話と合わせて考えると、逆なのかもしれないと思えてきました。
つまり、ヘイワードとゴベールの二人と長期高額再契約を結んでもまだキャップスペースに余裕のありそうなジャズには、ラウリーが加入する。
そしてキャップスペースに余裕のないスパーズには、「蓄えは十分にある」ウェイドがバーゲン価格で加入する。
この線の方が、無くはないかなと。

それに個人的には、スパーズ化するウェイドも見てみたいんですよね。
たとえば、レブロンやバトラーに次ぐ2ndを担っていたときのように、ウィークサイドであまり動かずに待機するだけではダメ。
チームメイトと協力し合って前後左右に動き、フリーになったりフリーを作ったり、シュートを打ったりパスを捌いたり。
そういうことが出来るようになるウェイドも見てみたいです。
30代半ばにしてキャッチ&リリースのシュートを習得したウェイドですから、まだまだ変化や進化を期待できるはずです。

そして、静かにMJ化するレナードがベンチに下がっているときは、自分主体で地味に神ってみるとか。
あるいはウォリアーズと対戦するときは、レナードの対角でDが得意ではないカリー&トンプソンを苛めるとか。

まあでも、さすがにパーカーとの35歳コンビでのスタメンは厳しいですし、しかもパーカーは来シーズン開幕後もしばらくはいないですから、スタメンを張れるPGは欲しいですけどね。
これ以上ボールハンドラーは要らないので、3&Dで貢献できる選手…。
ダニー・グリーンを使って、デラベドヴァを獲れれば良いと思いますけどね(フリーで打つ3Pの安定感をもう少し高めてほしいですが)。

>…ガソル、このプレイオフの力負けしている場面がよくみられる状況は、やや悲しいものがあります。そこから大型契約は難しいでしょうからね。

まあ元々が細身で、この夏には37歳になるプレイヤーですからねぇ。
ちなみに私は、全盛期のガソルのことを「現役最高の2ndオプション」と評価していました。
懐かしい…。

さて、いよいよファイナルが始まりますね!
一見するとウォリアーズが有利だと思えますが、今のレブロンとアーヴィングの別次元のスコアリング力が、巷の合理的な予想を越えそうな気もしています。
楽しみですね!




[281] >kageさん!

投稿者: asua 投稿日:2017年 5月18日(木)07時46分55秒 p2438180-ipngn200806osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

マジっすか!?省みなかったんすか!?
そらいけませんなぁ、なぁおい…とそういうこちらには省みる家庭がない、というのは慰めなのか、ただ単なる花冷えする空気なのか。

>キャップスペースを優に越えているキャブスには獲得不可能ではありますよね。
まぁキャブスに関しては、ファイナルに進出した頃から、アーヴィングが大化けも大化けしたので、それでも十分すぎるぐらいの戦力ですからね。
化けたのか、もともとあった能力が真価を発揮したのか、ただ私が気付いていなかっただけなのかはわかりませんが(笑)。

>今夏FAになるイバカやミルサップやグリフィンの動向は、割と気になりますよね。
これから様々な失敗を経て、成長してくれるとの期待を込めて、グリフィンには特に気になりますわ。

>となると、なおさらウェストブルック一人に得点王でありアシスト2位の働きをさせるなんて…。
これが続くと、多分ウェストブルックからもクレームが出てくるでしょうしね。
いつだったか、というか後期ブルズという大昔ですが、ジョーダンが何試合か続けてリバウンドで高い数字を記録していたんです。すると、フィルだったか、ピペンだったかが、「マイケルが8リバウンドもしないといけないというのは…」と苦言を呈していたのを思い出します。

>スイングマンじゃないですが、もうすぐFAになる権利を持つグリフィンだと、割とサンダーにフィットするかもしれないですね。
>ボックスエリア付近でボールハンドラーになることができてアベレージ20点超を期待できるビッグマンはサンダーにいません。
アツいですね。
グリフィンはパスも持ってますし、互いにパスを出し合える状況が生まれるかも。

オラディポは好きなタイプなんですが、どうでしょうね。今の時代にあっているのか。

>>それこそ、トーマスの特異性を活かすようなプレイヤー、アイヴァーソンでいうスノウのようなプレイヤーが必要な気がします。
>おおっ!
>「渋懐かしい」って妙な造語を作りたくなるぐらいに、「スノ~!」と身悶えしながら萌えてしまいました!
で、すいません。自分で言っておいて何ですが。
トーマス。
このプレイオフ、完全ではないです。兜は半脱ぎですが、それでも私の評価が間違っていたことだけは、間違いなく証明してくれました。
いや、本当にすいません。kageさんにアイザイア・トーマスに。
>そしてやはりパスワークだけでは苦しく、個の打開力も必要で、そんな「頼む」「お前に任せた」とチーム全体にボールを託された状況で、1on1や2on2からのショットをトーマスは狙う。
本当におっしゃる通りで。
これまで、「そこから挑んで外すぐらいなら」と思っていましたが、それをプレイオフの場面でねじ込み、結果を出してみせたわけで。
それこそ、トーマスに力強い相棒はほしいとは思いますが、少なくとも今シーズンのこのプレイオフに関しては、このプレースタイルに一切の不満はなくなりました。それぐらい、私の腐った性根を叩き伏せるぐらいのプレーをしてくれましたね。

>また、話は逸れますが、どのみちセルティックスはインサイドの強度が低すぎますよね。
>今夏FAになるミルサップが狙い目ですかね。
と、そんな話をしていると、そのセルティックスが値千金の1位指名権を獲得しました。
ミルサップいいですねぇ。オフには3000万ドルほどの空きがあるので、できればもう一枚ぐらいほしいところ。個人的には安ければプルムリーぐらいの起用なアウトサイドにいいプレイヤーがほしいところ。
ただ、本音をいえば、ドラフト1位指名権なんて、祈ってもそうそう手に入るものではないので、指名権はそのままエインジが思うプレイヤーを指名し、2018年オフ、もしくはその次ぐらいに大型補強を狙うぐらいでいってほしいですが。
トーマスは来シーズンいっぱい契約があるので、そこら辺も考慮して。

>ヒート、オフにはどう動きますかね。
これもふまえて、今シーズンの成績がよかったのか悪かったのか(苦笑)。
大型補強には動かない、と報じられていますが、ヒートが得た指名権はロッタリー最下位の14位。どう動きますかね。

>バトラーももちろん良いプレイヤーなのですが、ウェイドを1stにする方が良いんじゃないかとさえ思わせました。
同感です。
バトラーが悪いというわけではないですが、安心感が違いますわ。
で、そこからバトラーには学んでも前進してもらえれば。
>2006年のファイナルの時のような、神がかったジャンパー中心のプレイスタイルであればあるいは…。
本当に、神がかっていましたよね。
正直誇張でも何でもなく、あの時はジョーダンばりの「外さない」感がありましたわ。

>ヘイワードも良いプレイヤーで私も好きなのですが、2ndスコアラーの方が適しているようにも思えますし。
これまた同感です。
ヘイワードに爆発力というか、支配的なプレーを望むべきではないのでは、と思います。
いいプレイヤーです。ただ、かつてのカロン・バトラーのような安定感を見せるのにいいプレイヤーであって、エースかと言われると。
>ウェイドのジャズ移籍案、どうですかねぇ。
面白いと思いますが、するなら、今シーズンの初めから言ってほしかったですね。
「安定感のあるジャズに、あのウェイドが加わった!」
という感じで。
来シーズンからだと、ウェイド自身の意志がそれを拒否するでしょうし。
オフェンスに困ったときに、ウェイドがいればどれだけジャズも心強かったことか…。

>>「リングだ。それ以外にないよ。リングがほしいんだ」
>「スパーズだ。それ以外にないよ。スパーズに行くんだ」と言いたくなりました。
十分、ありえそうな話ですね。
パーカーがこの怪我ですからね。今シーズンからはスターターでも、日陰に徹していますし。
>ポポヴィッチのお眼鏡にかなうかどうかは分かりませんけどね。
取るとしたら、どうしてとったのか。とってどうするのかも、気になりますね。
ん~、しかしオフは今のところ、キャップに空きはないですね。プレイヤーオプションのガソルがオプションを破棄してFAとなれば2000万ドルほどあきますが、するとは考えにくいですし。
…ガソル、このプレイオフの力負けしている場面がよくみられる状況は、やや悲しいものがあります。そこから大型契約は難しいでしょうからね。



[279] 忙しい時期に家庭を省みなかったので

投稿者: kage 投稿日:2017年 5月11日(木)03時37分26秒 KD106181121199.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

奥さんに完全に愛想つかされたkageです。
とほほ…。

>>ラブが遅れを取ることがあるので、そこをある程度カバーできる人が良いですねぇ。
>理想で言うと、イバカか。

イバカも良いですねぇ。
また4、5年前までのバレジャオだったら、攻守におけるラブとの相補性は最高ですかねぇ。

イバカももうすぐFAになりますが、asuaさんも言われるようにあくまで理想であって、キャップスペースを優に越えているキャブスには獲得不可能ではありますよね。

ていうか、今夏FAになるイバカやミルサップやグリフィンの動向は、割と気になりますよね。

>しかし、今シーズンのウェストブルックのスタッツは続くんですかね。

シーズントリプルダブルもさることながら…。

シーズン得点王を擁してファイナル制覇をしたチームは、シャックがいた99-00シーズンのレイカーズを最後にもう17年も現れていない(昨シーズンのウォリアーズは惜しかったですが)。
シーズンアシスト王を擁してファイナル制覇をしたチームは、マジック・ジョンソンがいた86-87シーズンのレイカーズを最後にもう30年も現れていない(もし今プレイオフでロケッツが優勝すれば、30年振りということになります)。
このことを踏まえても、やはり一極集中型ではファイナル制覇をするのは難しいのでしょうね。

となると、なおさらウェストブルック一人に得点王でありアシスト2位の働きをさせるなんて…。

>Aロバーソン、いいプレイヤーなんですが、ん~。できれば、SG,SFのディフェンダーとしてベンチから出てくる、ぐらいにできるようでないと勝ち上がるのは難しいでしょうしね。

厳しい言い方をしますと、あのレベルのプレイヤーだと、ファイナル制覇を狙えるチームでは居場所がないでしょうからね。

スイングマンじゃないですが、もうすぐFAになる権利を持つグリフィンだと、割とサンダーにフィットするかもしれないですね。
ボックスエリア付近でボールハンドラーになることができてアベレージ20点超を期待できるビッグマンはサンダーにいません。
それにウェストブルックも、デュラントの場合と違って、1stオプション争いもしなくて良いでしょうしね。

あとは、ドラ2のオラディポの覚醒に期待ってところでしょうか。

>すごいんです、すごいんですが、「もう少し、やりようが」とも思ってしまいます。
>それこそ、トーマスの特異性を活かすようなプレイヤー、アイヴァーソンでいうスノウのようなプレイヤーが必要な気がします。

おおっ!
「渋懐かしい」って妙な造語を作りたくなるぐらいに、「スノ~!」と身悶えしながら萌えてしまいました!

そして、ウェストブルックの相棒の一人としてもスノーはアリかもしれないですね。
AIに関しては彼にないものを補填するのがスノーの役割でしたが、ウェストブルックの場合は彼の負担を軽減するのがスノーの役割といった感じで。

>それこそウェストブルックは一皮も二皮もむけました。

トーマスにウェストブルック的パス能力を付与する。
良いですねぇ。

もちろん、ウェストブルック重視型のサンダーと違ってセルティックスはパスワーク重視型のチームです。
それにパスワークという環の中で、彼はカリーやT・パーカーのように、アシストにはならないけれども大事なパスも、普通に出しています。

そしてやはりパスワークだけでは苦しく、個の打開力も必要で、そんな「頼む」「お前に任せた」とチーム全体にボールを託された状況で、1on1や2on2からのショットをトーマスは狙う。
成功体験と失敗体験を練習でフィードバックして、磨いてきたショットセレクションを武器にして。
そこは、味方も予想できなくてなおかつ確率も高くないような、才能と感性任せのショットを放ちがちだったAIと違い、私はそこまでトーマスに不足感を感じていないんですよね。

ただ、ペネトレイトしてからのレイアップ。
工夫が凝らされていて上手いですが、やはりあの175cmというサイズなのでブロックされることが少なくない。
だからレイアップにさらなる工夫が必要だと私は考えていましたが、ウェストブルックのように「あっ、見えていたのね」的なラストパスを出せるようになるのも一つの進化であり、チームにもトーマス本人にも奥行きをもたらしそうですよね。
言われて初めて、「確かにそうだ」と納得いたしました。

また、話は逸れますが、どのみちセルティックスはインサイドの強度が低すぎますよね。
だから、まずはそこを補強することがトーマスのさらなる進化を期すよりも先なのかもしれないと私は考えています。

スモールラインナップにも対応できて、インサイドでもまずまず強い。
おまけに、セルティックスのパスワーク重視型のオフェンスにも対応できるインサイドプレイヤーとなると…。
今夏FAになるミルサップが狙い目ですかね。
攻守両面で非の打ち所がないほどにフィットしそうですし、ホーフォードとの相性の良さも証明済みです。
少し気になるのは、年齢ですかね。

まあ既にホーフォードと高額契約を結んでしまっていて、そして来年夏にはトーマスとブラッドリーとの再契約もあるので、渋チンのエインジがどのような決断を下すのかも注目ですね。

>ヒート、最良な結果だったのか、もっと経験を踏むべくプレイオフに出るべきだったのか。

あれだけ惜しかったのですから、出て欲しかったですねぇ。
見てみたかったです!

ヒート、オフにはどう動きますかね。

>まぁなんにせよ、ウェイド離脱から自分の中で株が急降下していただけに、今シーズンの結果は嬉しい誤算ですわ。

この前セルティックスとブルズのファーストラウンドを観たのですが、いつの間にかウェイドは、30代半ばにしてようやく3Pを会得したんですね!
それとこれは30台半ばに差し掛かってからの傾向ですが、全体的に力みがないのも良い。

何でしょう。
バトラーももちろん良いプレイヤーなのですが、ウェイドを1stにする方が良いんじゃないかとさえ思わせました。
年齢や慢性の怪我によって難しいのかもしれませんが、レギュラーシーズンはともかくプレイオフでは、もう一度大エースになれるんじゃないかと淡い期待を抱かせましたね。
もちろん全盛期のような鋭いドライブをすることは期待していませんが、2006年のファイナルの時のような、神がかったジャンパー中心のプレイスタイルであればあるいは…。

先日ウォリアーズとジャズの試合を観ていて、「もしジャズにウェイドがいれば、一回か二回は勝てるんじゃないかなぁ」と妄想してしまいました。
ヘイワードも良いプレイヤーで私も好きなのですが、2ndスコアラーの方が適しているようにも思えますし。

ウェイドのジャズ移籍案、どうですかねぇ。

>ラウリー、FAに
>「リングだ。それ以外にないよ。リングがほしいんだ」

「スパーズだ。それ以外にないよ。スパーズに行くんだ」
と言いたくなりました。

怪我をしちゃいましたが、どのみちパーカーはファイナル制覇を狙うチームのスタメンとしては、もう心もとないので…。
まあ、ポポヴィッチのお眼鏡にかなうかどうかは分かりませんけどね。



[278] >kageさん!

投稿者: asua 投稿日:2017年 4月28日(金)19時48分16秒 p2438180-ipngn200806osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

>ラブが遅れを取ることがあるので、そこをある程度カバーできる人が良いですねぇ。
理想で言うと、イバカか。もう少し、ウェイトがあるほうが良い気もしますが、今の走るスタイルで考えると、イバカですかね。

>あと、ラプターズのバランチュナスも良いですね。
>「ゴール下では絶対に逃げねぇ」といわんばかりの、男気というか気概に溢れたあの感じか。
超いいっすねぇ。
「こいつになら、インサイドを任せられる!」感が。

>デュラントが抜けてよりチーム全体でオフェンスを作ることが求められるようになったことも、もちろん関係するでしょうね。
そうですね。
しかし、今シーズンのウェストブルックのスタッツは続くんですかね。それがチームにとって、良いことだけとも考えにくいですが。
>やはり、もう一枚スーパースターか準スーパースターが欲しいところですね。
>カリーにとってのトンプソン、あるいはコービーにとってのガソルのようなプレイヤーが。
そういうことですよね。
まぁ、デュラントが抜けたチームでここまで戦った様は、プレイヤー、フロント共にお見事といい切っていいんでしょうが。
Aロバーソン、いいプレイヤーなんですが、ん~。できれば、SG,SFのディフェンダーとしてベンチから出てくる、ぐらいにできるようでないと勝ち上がるのは難しいでしょうしね。
少なくとも1枚は、大物がほしいところですね。

>その「ポイントゲッター」としては、アイザイアは歴代の人たちと比べても優秀な方になったのではないかと私は考えています。
まさにそのとおりで、切り込んでからのあの身長での、当たり負けしないバランス感覚と強さ。個人でみた場合はすんばらしいと思います。
それこそ、パスを知らなかった頃のウェストブルックのようで。
すごいんです、すごいんですが、「もう少し、やりようが」とも思ってしまいます。
今、書きながら思ったんですが、ただアイヴァーソンもファイナルに進んだ全盛期はその個人としての強さを前面に押し出してプレーしていた頃。ここでパスをして、周りを活かし…としようとすると、無難なPGが一人出来るだけなんでしょうか。
ン~、しかし、それこそウェストブルックは一皮も二皮もむけました。トーマスにも、スコアリング能力はそのままに、より大きく化けてほしいと思うところです。

>もしファイナル制覇を狙うなら、チームとしてはキツいですねぇ。
それこそ、トーマスの特異性を活かすようなプレイヤー、アイヴァーソンでいうスノウのようなプレイヤーが必要な気がします。
個人的には、今のデロン・ウィリアムスなんて、面白いんじゃないかと思いますが。

>asuaさんにそういわれてヒートを見てみたくなりましたが、残念です!
ヒート、最良な結果だったのか、もっと経験を踏むべくプレイオフに出るべきだったのか。
まぁなんにせよ、ウェイド離脱から自分の中で株が急降下していただけに、今シーズンの結果は嬉しい誤算ですわ。



[277] asuaさん!

投稿者: kage 投稿日:2017年 4月26日(水)03時16分28秒 KD182251250002.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

>トンプソンはまだしも、フライは確実にいいプレイヤーですが、今のスターターでのCというのはディフェンス的に荷が重いと思いますね。

ディフェンスにおけるローテーションでラブが遅れを取ることがあるので、そこをある程度カバーできる人が良いですねぇ。
フライは案外ディフェンスでも精を出してくれますが、ラブをカバーできる程なのかといえばそこまでではなく、やはりベンチから出てきて欲しいタイプですよね。

>昔のゲームを見ると、どれも今とは比べ物にならない肉弾戦ですからね。いいっすわぁ、そういうプレイヤー。

トレーニングやフィジカルの理論が発展してプレイヤーたちの身体能力がどんどん高まり、体型が均質化している昨今。
それはもちろん良いことなんですけど、体型も所作も昔っぽい個性を持つヨキッチには萌えますねぇ。

あと、ラプターズのバランチュナスも良いですね。
「ゴール下では絶対に逃げねぇ」といわんばかりの、男気というか気概に溢れたあの感じか。

>ウェストブルックは今シーズン、パスの判断がかなりいいように感じます。

言われてみると、確かにそうですね。
スタッツ的には前より力みのあるウェストブルックですが、パスに関しては力みが抜けた感がありますね。

「○○がどフリーになった」ことだけではなく「○○が得意スポットでショットを放てるor一対一になった」ことも、以前にも増して見えるようになったような。
これは、デュラントが抜けてよりチーム全体でオフェンスを作ることが求められるようになったことも、もちろん関係するでしょうね。

>コービーが引退した今、一番情熱的なプレイヤーといえばウェストブルックでは、と今シーズン思いました。

ええ、本当に。

今シーズンは私も久々にオールスターを見たのですが、ウェストブルックに対しては「まだ目立ちたいの?(笑)」と呆れ笑いをしてしまうほどのバイタリティを感じましたね。
それはコービーの「なあなあで手を抜き合うのは嫌いだし、何より負けることが大嫌い」といわんばかりの感じとはまた違っているのでしょうね。

>…ただ、来シーズンもこの奇跡のシーズンが続くのかといえば、断言は難しいですがね。

やはり、もう一枚スーパースターか準スーパースターが欲しいところですね。
カリーにとってのトンプソン、あるいはコービーにとってのガソルのようなプレイヤーが。

asuaさんはどう思います?

>私もハーデンはだめですね。ウェストブルック同様、“批判したろう目線”で見て、そのまま批判対象になってしまいました(笑)。「このエース、波がありすぎてものたりねぇ!」と。

カリーやデュラントの場合だと、普段の練習で作り上げたショットの確度と、ショットを決めた/外した経験をフィードバックしたショットセレクションがある。
でも、ハーデンはその辺りでカリーやデュラントほど真面目じゃなく、未だに才能とノリに頼っているところがあるのてしょうね。

まあノリという点では、カリーも時々…ね。

>残念ながら、私は“アイバーソン気取り”としか思えない、残念なPGのいるセルティックスには期待していませんし。

おおっ!辛い!
でも私は、割と好きですよ。
まあやはり、あのサイズですから、判官贔屓も入っていますが…。

あえて私がいうまでもないことですが、それこそアイバーソンの登場以来「PGはポイントガードじゃなくて、ポイントゲッターのことなのね」的な人が増えましたよね。
それはもちろんアイバーソンの影響ではなく、いや彼の影響もあるのでしょうが、一番の理由はMJがバスケ人気を拡大させて競技人口を増やし、結果として平均身長に一番近いポジションが一番競争率が高くなり、その分だけバスケで最も重要な側面の一つであるスコアリングを任せられる人が増えたことにあるのでしょうね。
だからもしアイバーソンが現れなかったとしても、他の誰かが「初代」になっていたことでしょう。

で、その「ポイントゲッター」としては、アイザイアは歴代の人たちと比べても優秀な方になったのではないかと私は考えています。

スティーブンスHC仕込みのシステマティックなチームオフェンスの歯車の一つになりつつも、「個」の勝負も仕掛ける。
NBAで一番小さくて軽い(公式身長も体重も盛られている感がしますが)のに、内外のショットを放つ際にあまり身体がぶれない。
シュートの確度も、咋シーズンより上げてきている。
間の取り方や外し方には天性のものを感じさせるけど、それ以上に努力や工夫の賜物だと感じさせる。
NBA最低身長にして、ドラフト最終指名選手。
そして何より、他にアベレージ20~25点を狙える人がセルツにはいない。
と、こういったことを踏まえ、「PG=ポイントゲッター」があまり好きじゃない私ですが、彼のことは尊敬すらしています。

ただそれでも、もしファイナル制覇を狙うなら、チームとしてはキツいですねぇ。
同じ「ポイントゲッター」のアービングやカリーとは違って、アイザイアの他に20点を取ってくれる人も強力なゲームメイカーもいないですからね。
これがもしアイザイアじゃなくてレブロンやデュラントでも、あるいはカリーやウエストブルックでもキツいですかね。
もちろん、ポールでもしかり。

だからこそセルツにとってアイザイアは価値があるといえるわけですが、じゃあ仮にアイザイアがアービングとのトレードでキャブス入りしたとして、得点の負担が減る(スコアラーとしての重要性も減る)分、サイズ不足を突かれるという難点もより一層目立って感じられるようになるでしょう。

こういったところがアイザイアの難しさであり、セルツの難しさでもありますかねぇ。

>今シーズンのドラギッチにもそういった、スペースを作るというか、敵に綻びを作るというか、そういう頼もしさを感じましたわ。
>こっそり応援しているヒートも出れるかもしれませんし!
>あと、ジャスティン・ウィンズローも、なんでしょうスーパースターとしてではないですが、グッドプレイヤーへのステップアップを期待していただけに残念でしたわ。

asuaさんにそういわれてヒートを見てみたくなりましたが、残念です!



[276] >kageさん!

投稿者: asua 投稿日:2017年 4月13日(木)22時53分18秒 p2438180-ipngn200806osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

あと、ジャスティン・ウィンズローも、なんでしょうスーパースターとしてではないですが、グッドプレイヤーへのステップアップを期待していただけに残念でしたわ。



[275] >kageさん!

投稿者: asua 投稿日:2017年 4月12日(水)23時16分27秒 p2438180-ipngn200806osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

>猛烈な忙しさから少し解放され、次に来る忙しさに備えて、ある意味充電中の私です!
ゆ~たりと、羽をお休めください。

>asuaさんはいかがお過ごしですか?
私はまた5月から忙しくなる中、プレイオフを楽しみに生き残りをかけてます(笑)。いや、結構マジで(笑)。
そんな中、ファイナルと休みの日が重なった日には、生きててよかった感が半端ないです!

>ボーガットはディフェンス力も高いですから、彼を出場時間短めのスタメンCにして、トンプソンやフライにバトンタッチするという手もあったかもしれないですねぇ。
トンプソンはまだしも、フライは確実にいいプレイヤーですが、今のスターターでのCというのはディフェンス的に荷が重いと思いますね。
対ウォリアーズで考えた場合も、打ち合いで挑むとしたら、NBA史上でもウォリアーズに勝てるチームはないでしょうし。

>エンビードは敵も味方も支配する、つまりゲームを支配するという、MJや一時のオラジに似た支配者の余裕感を持っているので、残念ですね~!
泥臭く支配力のある、楽しみなプレイヤーだったのに。またもや、期待は来年に、ですね。

>昔のプレイヤーっぽくて萌えますねぇ。
昔のゲームを見ると、どれも今とは比べ物にならない肉弾戦ですからね。いいっすわぁ、そういうプレイヤー。

>球技の醍醐味の一つである「スペースの突き合い/埋め合い」が楽しめるというか。
わかる気がします。
今シーズンのドラギッチにもそういった、スペースを作るというか、敵に綻びを作るというか、そういう頼もしさを感じましたわ。

>話は変わりますが、ウエストブルックには脱帽ですね。
>もちろん彼のトリプルタブルは一時の得点を取りまくっていたコービーとは同族異種の「やり過ぎ感」を抱きますし、また「(デュラントが抜けて)それだけウエストブルックに負担がかかっているということだね」とも思わせます。
>でも、物凄いですよね…。
超わかります。私も最初は、「そんなスタッツ独占できるわけない」と完全に“批判どころを探したろう目線”で見てましたが、いやはや。コーチも、もちろんチームメイトもですが、ウェストブルックは今シーズン、パスの判断がかなりいいように感じます。デュラントが抜けたことで、それが生まれ、それがチームメイトの信頼につながり…と好循環を産んだのかなぁなんて勝手に思ってますが。
コービーが引退した今、一番情熱的なプレイヤーといえばウェストブルックでは、と今シーズン思いました。
…ただ、来シーズンもこの奇跡のシーズンが続くのかといえば、断言は難しいですがね。

>私としては、ただの好みの問題により、カリーやデュラントやハーデンを応援できません。
私もハーデンはだめですね。ウェストブルック同様、“批判したろう目線”で見て、そのまま批判対象になってしまいました(笑)。「このエース、波がありすぎてものたりねぇ!」と。
ウォリアーズについては、昨シーズンの大罪がありますからね。73勝しといてファイナル敗退…。数字に統一された価値が見出しにくいNBAにおいて、数少ない絶対的な価値のある数字に疑問符をつけたわけですからね。正直、今シーズン序盤、かなりウォリアーズは見る気しませんでしたからね。

今シーズンのプレイオフかぁ。
ん~、なんかちょっと引いた感じで、好ゲームを期待するといったところが本音ですね。あえていうなら、スパーズvsウォリアーズのシリーズが見たいので、それまでに両チーム負けたら許さんぞ!といったところでしょうか(笑)。

>チームディフェンスにおける問題解決力が何故か著しく低下していますが…。
この前の対ホークス戦。いいゲームでしたが、キャブスの敗因は間違いなくここですからね。
上でも書きましたが、フライはいいプレイヤーですが、スターターのCか?というところですしね。

ルーキーねぇ。シモンズ、楽しみだったんですがねぇ。最近、こういうの多い気がしてなりませんわぁ。

な、なんにせよ!プレイオフを楽しみましょう!
こっそり応援しているヒートも出れるかもしれませんし!何をどう考えても勝ち上がれんでしょうが、まぁそれはそれで(笑)。
残念ながら、私は“アイバーソン気取り”としか思えない、残念なPGのいるセルティックスには期待していませんし。ただ、ここはオフの上位指名権(ネッツの)に始まり、オフからの動きが楽しみですわ!



[274] 毎度です!

投稿者: kage 投稿日:2017年 4月12日(水)01時22分33秒 KD106154071058.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

猛烈な忙しさから少し解放され、次に来る忙しさに備えて、ある意味充電中の私です!
asuaさんはいかがお過ごしですか?

>ボガット加入は、ゲームメイクができる(というか、まぁ起点になれたりする)という意味でもよかったんでしょうが、残念な結果ですね。

レブロンもそこを期待していたみたいですね。
そしてボーガットはディフェンス力も高いですから、彼を出場時間短めのスタメンCにして、トンプソンやフライにバトンタッチするという手もあったかもしれないですねぇ。

>「お前みたいなやつをまってたぜ!」と思っていただけに、残念です。

エンビードは敵も味方も支配する、つまりゲームを支配するという、MJや一時のオラジに似た支配者の余裕感を持っているので、残念ですね~!

でも、ナゲッツのヨキッチも良いですね!
オフェンスでは内外問わずショットが決められ、ドリブルもパスもお手のもの。
と、いえば現代的ですが。
不器用そうな動きで(実際は器用なのですが)、ゴリゴリと身体をぶつけて勝負するインサイドプレーが、昔のプレイヤーっぽくて萌えますねぇ。

あとヨキッチはパスが本当に上手いので、ナゲッツはバックドアが他チームに比して多いですよね。

「バスケットボール」としてはバックドアなんて以前からある攻め方の一つで、NBAでも珍しくはないはず。
でもヨキッチが空けたインサイドにハリスが飛び込み、ヨキッチ自らがアシストパスを出す様は、妙に新鮮に思えます。
球技の醍醐味の一つである「スペースの突き合い/埋め合い」が楽しめるというか。

話は変わりますが、ウエストブルックには脱帽ですね。
もちろん彼のトリプルタブルは一時の得点を取りまくっていたコービーとは同族異種の「やり過ぎ感」を抱きますし、また「(デュラントが抜けて)それだけウエストブルックに負担がかかっているということだね」とも思わせます。
でも、物凄いですよね…。
特に、193cmでしかもフロントコートのプレイヤーが平均10リバウンド超って…。

さて、もうすぐプレイオフに突入しますね!
私としては、ただの好みの問題により、カリーやデュラントやハーデンを応援できません。
スリーポイントとゴール下、フリースローに特化した「モーレイボール」やそれに近いスタイルを採用するチームや、それを地で行くプレイヤーは、まあその有効性は認めますが、軽いというか軽すぎる感じがして、私はさほど好きにはなれないんですよねぇ。

だから今シーズンもまた、スパーズやキャブスを応援します!!
MJに魅せられた私としては、やはり痺れるようなミドルを決められるプレイヤー(たとえばアービングやレナードのような)が好きですから。

まあ最近のキャブスは、チームディフェンスにおける問題解決力が何故か著しく低下していますが…。

あっ、ブログドンが新人王筆頭候補になってしまいましたね!
まあそれは、本来受賞すべき何人かの人がこけたからなのですが…。



[272] >kageさん!

投稿者: asua 投稿日:2017年 3月14日(火)08時31分17秒 p2992031-ipngn201010osakachuo.osaka.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

ボガット加入は、ゲームメイクができる(というか、まぁ起点になれたりする)という意味でもよかったんでしょうが、残念な結果ですね。
あの骨折のプレーも、そんな無茶なものでもないし、不運としかいいようがないですねぇ。

カルデロンから、バーンズへの変更?ですが、それでも一旦カルデロンと契約して即放出しているのは、一応の義理を通したということなんですかね。

>デュラントが復帰するまでの間だけであれば、イグダーラやリビングストンやグリーンやトンプソンをうまくローテーションすれば良さそうなのに…。
言わずもがな、ですが、疲労と怪我が一番の大敵、ということなんでしょうね。

>ニックスはとりあえず、次のオフで契約の切れるローズとは再契約しないでしょうね。
ニックスにおいて、フィル・ジャクソンはようやってると思いますね。
ただ、カーメロとトレード拒否権ありの今の契約を結んだのも確かフィルになってから。その点については、どうかと思いますが。
オフの明らかな焦って補強してみた、というのはいただけませんが、まぁそれでもうっすらとでも希望が見え隠れし始めたということで(笑)。

>エンビードは、本当に残念ですねぇ。
「お前みたいなやつをまってたぜ!」と思っていただけに、残念です。
>それに、当初は骨折で全治3ヶ月とされたシモンズが、結局はシーズン全休って…。
正直、シモンズの件については、ルーキー・オブ・ザ・イヤー獲得のための戦略なんじゃないかと疑っています。
毎年ですが、そこそこ楽しめそうなチームな感じがして開幕するのに、ここしばらくは消化不良なシーズンばっかりですわ。

>最近BSでバックスの試合を観たのですが、2巡目ルーキーのマルコム・ブログドン良いですね~!
ほぉ!それは知りませんでした。
またみてみますね。
kageさんの評価だけ見ると、ジノビリのようで、たのしみですな。

バックスはアンテトクンボがPERでも、素晴らしい数字を叩き出していますし、なかなかアツいですよね。
ただ、オフはキャップスペースもないし動けそうにないですね。
主力とは長期契約を結んでいますし、ドラフトのみとし、18年オフに勝負に出られるだけの、プレイヤーがきたがる実績を残せばあるいは!



[271] 骨折り損ですな…。

投稿者: kage 投稿日:2017年 3月 8日(水)03時34分1秒 KD106154076075.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

どうも!

結局、ボーガットはキャブスですかぁ。
ルーHCは実質的に7~8人という少数精鋭で戦う傾向がありますけど、ボーガットは使われますかねぇ。
同じくバイアウトされたスコラの方が、たとえばD・グリーンいじめ(ファール&テクニカルファール誘発)に使えそうな…。

それにしても。
デロンにシャンパート、コーバー、ジェファーソン、デリック、フライ、そしてボーガット…。
まあ、せっかくベンチが豪華にはなりましたから、強力なセカンドユニットを形成し…、って、1分も出ない内からボーガット骨折か~い!

でも、ウォリアーズもきちんとカルデロンを拾うあたりがさすがですねぇ。
ジェニングスと契約すべきとの声もあったようですが(昨シーズンまでのバルボウサのような働きを期待してのことでしょうか)、シーズン途中での加入ということを考えると、高いバスケIQとアウトサイド力とゲームメイク力を併せ持つカルデロンの方がベターな気がしますね…、って、デュラントの負傷を受け、カルデロンからM・バーンズ獲得に変更か~い!

デュラントが復帰するまでの間だけであれば、イグダーラやリビングストンやグリーンやトンプソンをうまくローテーションすれば良さそうなのに…。

ニックスはとりあえず、次のオフで契約の切れるローズとは再契約しないでしょうね。
少なくとも、大幅なサラリー減をローズが飲まない限りは。
そこで浮いたお金で、誰を獲得できるのか。
そして、次こそカーメロをトレードできるのか。
こういったことに命運がかかってくるでしょうね。

エンビードは、本当に残念ですねぇ。
そしておっしゃる通り、シクサーズの健康管理はどうなんでしょう。
ここ4年のルーキーの内、3人がシーズン全休を経験。
ちょっとおかしいですよね。
それに、当初は骨折で全治3ヶ月とされたシモンズが、結局はシーズン全休って…。

マッコネルやシモンズ、サリッチ、エンビードという、核になりそうな若手が揃いましたから、せめて健康管理ぐらいはねぇ。

最近BSでバックスの試合を観たのですが、2巡目ルーキーのマルコム・ブログドン良いですね~!
試合を観終えてから、YouTubeでいくつかのプレー集を観てしまいました。

196cmのガードとしては、身体能力は高くない。
それでも、スピードの緩急とユーロステップ、そして予測不能なボールリリースを駆使することにより、ペネトレイトからの巧みなスコアリングができる。
アウトサイドも正確。
自分がどう動けば誰が空くのかを、最初から見越してのアシストパス。
懸命に頑張るディフェンス。

う~ん…、気に入りました!
オールスタークラスにはならないかもしれませんが、とにかく気に入りました!
まだまだ残っている「カレッジ臭さ」にも、何だか萌えます!

アンテトクンボがアウトサイドショットでもゲームを支配できるようになり、ソン・メイカーがKGっぽく化けて、デラヴェドバとミドルトンが現状維持できるのであれば、バックスはなかなか良い線いくんじゃないかと、密かに期待しています。
ヘンソンかモンローの、不良債権ビッグマンズのいずれかは放出すべきだとは思いますが。


レンタル掲示板
266件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.