NBA FANS PAGE!連絡用、掲示板

NBA FAN'S PAGE!についてのご連絡すべき内容(急遽更新を休むですとか、外部からの更新情報など)をお知らせさせていただく掲示板です。 ページを見ていておかしいところなどありましたら、ここで書き込んで頂ければ助かります。 特にルールなどは設けていませんが、管理人の独断と偏見でお断り無く削除(広告、不適切な書き込みなど)させていただいた場合があるかもしれません。ご了承ください。



カテゴリ:[ スポーツ ] キーワード: NBA バスケットボール ニュース


新着順:17/272


[282] 3年連続で、ファイナルが同一カード

投稿者: kage 投稿日:2017年 6月 2日(金)02時28分35秒 KD106181104013.au-net.ne.jp  通報   返信・引用

意外にも、これが初めてなんですね。

>まぁキャブスに関しては、ファイナルに進出した頃から、アーヴィングが大化けも大化けしたので、それでも十分すぎるぐらいの戦力ですからね。

今回は、昨プレイオフよりも早めに覚醒しましたね。
カンファレンスファイナル中盤戦以降の彼は、無双でした。

レブロンもまた、凄いですね…。
今までのレジェンドとは違う、未踏の頂きへの道のりに、本格的に足を踏み入れた感を抱かせます。
個人としては、今のNBAでは別格。
カリーもデュラントもレナードも、あそこまではできませんよね。
とはいえこれも、パワーアップしたウォリアーズを屈服させない限りは、本当には証明されませんがね。
レブロンさん、ファイナルになるとまるでバスケットボールの仕方を忘れたかのように混乱・困惑するクセがあるからなぁ。

>「マイケルが8リバウンドもしないといけないというのは…」と苦言を呈していたのを思い出します。

「マイケル。あなたは、一時的に平均8リバウンドだったのですか。へえ、それは凄いですね。まあ、俺なんて年間10リバウンドですけどね」と、MJにドヤ顔で誇るウェストブルックを想像してしまいました。
尽きぬバイタリティを持つウェストブルックですからねぇ。

とはいえ、どのみちウェストブルックの得点とリバウンドとアシストの全てのスタッツを下げることができる陣容にしないと、ファイナル制覇など夢のまた夢でしょうな。

>グリフィンはパスも持ってますし、互いにパスを出し合える状況が生まれるかも。

ウェストブルックからの縦パスやキックアウトだけではく、ポストにいるグリフィンからの全方位的なパスがあればもっとギャップが作りやすくなって、サンダーのオフェンスの質は格段に上がりそうですね。

>オラディポは好きなタイプなんですが、どうでしょうね。今の時代にあっているのか。

オラディポには器用貧乏なきらいはありますが、多才であることは事実だと思うので、何でしょう。
昔風の言い方をすれば、それこそ良い2ndガードになって欲しいんですけどね。
そう。
「シューティングガード」ではなく、多方面でウェストブルックを支える「二番」として。
もちろん、もう少しアウトサイドを安定させなければなりませんが。

ただ、正直に言って私も、オラディポのことはさほど良く評価をしているわけじゃありません。
でもサンダーはそんなに潤沢な資金を持つチームではないですから、なるべく現有戦力を活かさないとねぇ…。

>それでも私の評価が間違っていたことだけは、間違いなく証明してくれました。
いや、本当にすいません。kageさんにアイザイア・トーマスに。

いやいや!
私はasuaさんをはじめいろんな方々から、自分では気付かなかった見方を頂いていますし、今回も「それもそうだな」と感じていた次第です。

>ミルサップいいですねぇ。オフには3000万ドルほどの空きがあるので、できればもう一枚ぐらいほしいところ。個人的には安ければプルムリーぐらいの起用なアウトサイドにいいプレイヤーがほしいところ。

キャブスに完膚なきまでに蹂躙されるこのプレーオフのセルティックスを見て、
「これは…」
「仮にこのチームにミルサップがいて、アイザイアが股関節痛に悩まされていなかったとしても…」
と、両チームの埋め難い戦力値の差に震えてしまいました。
「セルティックスに足りないのは、レナードとドレイモンド・グリーンだな…」
と、非現実的なことまで一瞬考えてしまいましたよ。

でも、ミルサップは獲る価値アリですよね。
同じく今夏FAになるヘイワードを狙っているという話もありますが、今のセルティックスに足りないものをもたらしてくれるのは、ミルサップの方なんじゃないですかね。
ていうか今シーズンのジャズの躍進やヘイワードのジャズ愛、そして結び得る再契約額の大きさを考えると、ヘイワードが敢えて他チームに移籍するとは考えにくいですし。

そして、プラムリーも良いですね。
私も結構好きです。
「当たりに弱いけど、動ける」という点で共通するけど、「捌く側」と「捌かれる側」という点では共通しないオリニクと共にベンチから出て来て、躍動するところを見てみたいです。
でも、モズコフが年平均1600万ドルもらえる時代なので、プラムリーも高くなりそうではありますよね。

>それこそ、トーマスに力強い相棒はほしいとは思いますが、?
>ドラフト1位指名権なんて、祈ってもそうそう手に入るものではないので、指名権はそのままエインジが思うプレイヤーを指名し、2018年オフ、もしくはその次ぐらいに大型補強を狙うぐらいでいってほしいですが。

ドラ1候補とされるマーケル・フルツとドラ2候補のロンゾ・ボール(「ボール」とは、球技選手としては最もややこしい名前ですね。だから、これからはロンゾで!)のハイライト動画をいくつか観てみましたが、両方ともなかなかの逸材ですねぇ。
少なくとも、オールスタークラスにはなれるかも。

特に、198cmのPGロンゾ。
内外のショットがあるだけではなく、クラシカルなPG的に多角的にパスを回す意識もあります。
175cmのアイザイアだと大男に囲まれると視野が遮られてしまうような場面でも、ロンゾならパスを出せるかも。
と、身長や(アイザイアがしたくてもできない)パスの面でアイザイアを補う、相性の良い相棒になり得ますね。

まあ筋金入りのレイカーズファンなのか何なのか、セルティックスのワークアウトへの参加を拒否したようですが。

と、ここまで言っておいて何ですが。
どうやらセルティックスは、大型補強を狙っているらしいですね。
だからドラ1の指名権や指名した選手も、大物を獲得するための駒にすることもあり得ますね。
カズンズなんて噂も浮上しているようですが、いやいや、彼が補強の目玉になるようじゃあ、キャブスにはまるで敵わないままでしょう。

ともあれ、セルティックスはオフシーズンの主役になるかもしれないので、楽しみですね。

>来シーズンからだと、ウェイド自身の意志がそれを拒否するでしょうし。

最近、ウェイドが「蓄えは十分にある」「チームの話を聞きたい」などと言っていましたよね。
これって、要は「キャブスやウォリアーズに勝てそうな陣容を築けないんだったら、オプションを行使せずに移籍しちゃうよ」「移籍先でのサラリーが安くても、優勝できるんだったら気にしないよ」という話だと思うんですよね。

だからジャズ入り云々の話に限らず、条件次第ではウェイドがどこかに移籍するということも、十二分にあり得ると私は考えています。

>プレイヤーオプションのガソルがオプションを破棄してFAとなれば2000万ドルほどあきますが、するとは考えにくいですし。

この夏FAになり、なおかつ40歳にもなって、引退も間近と思われるジノビリのサラリーを落とせばあるいは…。
と、考えました。
ラウリーさんは、「リングだよ」ということらしいので。

でも上のウェイド及びジャズの話と合わせて考えると、逆なのかもしれないと思えてきました。
つまり、ヘイワードとゴベールの二人と長期高額再契約を結んでもまだキャップスペースに余裕のありそうなジャズには、ラウリーが加入する。
そしてキャップスペースに余裕のないスパーズには、「蓄えは十分にある」ウェイドがバーゲン価格で加入する。
この線の方が、無くはないかなと。

それに個人的には、スパーズ化するウェイドも見てみたいんですよね。
たとえば、レブロンやバトラーに次ぐ2ndを担っていたときのように、ウィークサイドであまり動かずに待機するだけではダメ。
チームメイトと協力し合って前後左右に動き、フリーになったりフリーを作ったり、シュートを打ったりパスを捌いたり。
そういうことが出来るようになるウェイドも見てみたいです。
30代半ばにしてキャッチ&リリースのシュートを習得したウェイドですから、まだまだ変化や進化を期待できるはずです。

そして、静かにMJ化するレナードがベンチに下がっているときは、自分主体で地味に神ってみるとか。
あるいはウォリアーズと対戦するときは、レナードの対角でDが得意ではないカリー&トンプソンを苛めるとか。

まあでも、さすがにパーカーとの35歳コンビでのスタメンは厳しいですし、しかもパーカーは来シーズン開幕後もしばらくはいないですから、スタメンを張れるPGは欲しいですけどね。
これ以上ボールハンドラーは要らないので、3&Dで貢献できる選手…。
ダニー・グリーンを使って、デラベドヴァを獲れれば良いと思いますけどね(フリーで打つ3Pの安定感をもう少し高めてほしいですが)。

>…ガソル、このプレイオフの力負けしている場面がよくみられる状況は、やや悲しいものがあります。そこから大型契約は難しいでしょうからね。

まあ元々が細身で、この夏には37歳になるプレイヤーですからねぇ。
ちなみに私は、全盛期のガソルのことを「現役最高の2ndオプション」と評価していました。
懐かしい…。

さて、いよいよファイナルが始まりますね!
一見するとウォリアーズが有利だと思えますが、今のレブロンとアーヴィングの別次元のスコアリング力が、巷の合理的な予想を越えそうな気もしています。
楽しみですね!


新着順:17/272


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.