投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


柴犬男様!

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年11月20日(月)11時40分0秒
返信・引用
  御無沙汰しておりますが、お元気そうですね。
御投稿のチェーン店ですが、もう何年も前から経営不振と資金繰りの悪化は漏れ窺っておりました。
群馬県の某チェーン店様が企業自体を買い取られた様に聞いておりますが、詳細は存じません。

P店は風営法の管理下ですので、一旦廃業しますと、次の営業者は新規の許可を受けなければなりませんので、
新たに全ての手続きを行わなければならず、少なくとも数ヶ月の時間が必要ですが、企業自体の売買を行えば、
『代表者の交代』という手続きのみで済みますから、数日の営業休止のみで再開が可能です。

御指摘の通り、業界関係者の話では、『新しい規則が施行されれば、また廃業が増える!』との事ですが、
大きな資本を持っているチェーン店企業では、『店舗拡大の好機』と見ている所も有る様ですね。
しかし、それがどこまで伸びるのか、私には全く分かりません。

釘調整の件ですが、こちらも御投稿の通り規制されていますが、真実は御想像の通りだと思います。
 

パチ業界は分からない事だらけ。

 投稿者:柴 犬男  投稿日:2017年11月20日(月)08時25分8秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
長崎の天国グループが一斉に閉店してしまいましたね。採算が取れないからなのか業界の行く末に光明が無いと判断したかは分かりませんが大手チェーンが撤退する時代になってしまったんですね。
パチ屋さんはこの先減少して行くのかなと思ってましたが私の地元近くの天国パチ屋さん跡地には大阪の某グループが福岡に三店目の店をオープン。
久留米には某幸福グループがスロ専門店をオープン。
福岡の天国パチ屋さん跡地にはDグループが何店かオープンするとの噂を聞いてます。

規制が入りパチ屋さんには未来が無いと専ら噂で聞いておりましたがグランドオープンする店もありますしこの業界はどうなってるんだろうと首を傾げてしまいますね。
※今のパチンコは釘調整は不可と聞いてますが実際の所どうなんでしょう?とても釘調整してないとは思えないですが・・・本当に一般人には分からない事が多い業界です。
 

講演会

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年11月15日(水)10時52分30秒
返信・引用
  某銀行福岡支店が、開設120周年記念講演会に招待して下さいましたので、末席を汚しました。

講師の方は、元経産省官僚で、当時の経産大臣秘書官を務められていましたが、
民主党政権の際に退職されて、慶應義塾大学院の教授に就任されました。

その際、テレビの某番組に出演されて、『官僚から教授に転職したけれど、収入が減って家内に叱られました。』
と発言された方です。

御経歴から考えますと、安倍首相の考え方に近い方だと思います。

講演の内容は…、

1,なぜ10月22日に総選挙だったのか?→本来は、三ヶ所で衆院補欠選挙の予定だったが、自民党は2勝1敗と読んでいた。
(愛媛選挙区では加計問題で自民党は落選と予想していた)
しかし、北朝鮮問題を政府は輿論よりも深刻に考えており、消費税の使用目的変更は二の次と思われる。
加計・森友問題は法的に全く問題は無く、慰安婦問題と同じくメディアのデッチ上げである。
これ以上、加計・森友問題を国会で取り上げる事は、経済政策や安全保障政策の進捗を
妨げるもので、何らの効果も齎さない。


2,トランプ大統領と首相の会談内容は、殆どが北朝鮮問題であり、
その他の議題はアメリカ側の外交文官任命が進捗していないので協議不能だった。


3,東京五輪終了後の経済的衰退は予想される事であり、今から十分な景気対策を考えなければならず、
加計・森友問題に国会が関わるべきではない。消費税増税の再延期も有り得るだろう。


4,2025年、『団塊の世代』全員が後期高齢者となり、年金問題が愈々深刻となるのは目に見えている。
その事を踏まえた景気対策を論議しなければならない。


5,業績悪化を乗り切るためにはイノベーションという発想が不可欠だ。
一例として、音楽業界を見ると、CD等の売上は一時の6000億円から現在は2500億円まで減少しているが、
AKBの様に『握手会』・『総選挙』等のイベントをイノベーションして売上を伸ばしている企業もある。

ダーウィンの進化論と同じく、『生き残るために必要なのは強靭な体力ではなく、環境の変化への対応力なのだ。』

対応力を高める為に必要なのは、『人材』である。殊に、『よそ者』、『若者』、『馬鹿者』の発想力を活かさなければイノベーションは生まれない。


などなど、90分を超える講演会でしたが、中々タメになる内容でした。

もっと濃い話も有りましたが、
『最近は、僕の話をSNSに書く人がいて、それが各方面に拡散すると思いも掛けない方面から
攻撃を受ける事が有りますので、そんな事は止めて下さい。』との事でしたので、控えます。

しかし、『馬鹿者』を活用しなければ、『新しい発送は生まれない!』、素晴らしい事を言って下さいました。

どうぞ、『元・マンハッタンの釘曲げ屋』という『超馬鹿者』を重用して下さいます様、
改めまして各方面にお願い申し上げます。
 

同級生

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年11月 8日(水)10時54分6秒
返信・引用
  先日、僕が卒業した高校の会合が開催されました。

今の僕は、高校時代に学んだ?事とは殆ど縁がない職業に就いていますが、
一度はキチンとした就職試験を経て、それなりに高校時代に学んだ?仕事をしていました。

同窓生も多くは現在も高校時代に学んだ職業に就いています。

僕が特に親しい同級生は、某市役所で局長を務めていますので、
この様な会合を催す卒業生の団体では評議員を担っていまして、会合で定められた
『昭和52年卒からは三名が出席する様に』という御沙汰に従い、
彼は僕に『おい、付き合えや』と声を掛けます。

会の目的は、寄付金を募って母校へ物品や設備を寄贈する事ですので、会費は一万円で、
30分弱の総会と一時間半位の懇親会が行なわれます。

懇親会では食事と飲み放題が供されますが、まぁ、寄付金集めが主題ですので食事の質と量は期待できません。

今回も、極めて簡素な前菜、まばらにナメコが入ったスープ、鶏肉と銀杏の炒め物、イカと野菜の炒め物、
小海老のチリソース、ネギと玉子の炒飯、杏仁豆腐でした。

『おいおい、諸物価が上がっているんだろうけれど、これって幾らのコースよ?
こりゃ特別に安いコースを組んで貰っているんだろうなぁ。』、
『なんせ、人数は100人を超えるから、こんなコースも出来るんだろう。』、
『だって、某有名中華料店の三代目もOBで評議員だけれど、彼は欠席だ。そりゃ来ないわなぁ。』
などなど、其々が無責任で好き勝手な事を言いながら、料理を啄き一杯?呑んで時間を過ごします。

会が終わると、いつも僕らは二次会に行きますが、今回は根っからのロック・ファンである
Nという友人の行きつけに行きました。

ロックの音楽と画像を観ながら、ポップ・コーンを酒菜にジンを呑みましたが、
昔のロック喫茶等とは違って、音量は大きくなくて、まずまず自然な声で話が出来る店でした。

三人とも仕事が違いますが、(Nは設計コンサルタント会社経営)まずまず仕事の話、
家族の話、老後の予定、そんなこんなを話しました。

そして、日本シリーズでホークスが優勝した事が分かり、『街や電車が混まない内に帰ろうか?』
以前は、終電が過ぎても呑んでいましたが、最近は『電車が有る内に帰ろうか』が多くなりましたねぇ。

これも、寄る年波の成せるワザなのでしょうか…。

『おい、年末は信濃庵に集まって、鍋でも食おう。』、
『分かった。人選と連絡はNに任した。』、『おぅ、任しとけ。』

毎度毎度の三人組でした。


画像三枚目がNの行きつけのロック・バーです。
 

お好み焼き、それは青春の思い出?

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年11月 1日(水)12時02分4秒
返信・引用
  もう随分前の話になりますが、新機種入替で新装開店の際は、機械屋さんと食事をするのですが、
赤坂会館の場合は、先日に解体された赤坂門市場内の『ふきや』さんが多かったですねぇ。

御存知の方が多いと思いますが、『ふきや』さんは、お好み焼き屋さんです。
僕は何故か、こちらのお好み焼きを食べると、胃に凭れると言いますか、胸焼けすると言いますか、
とにかく消化不良になる事が多かったので、あまり好きではなかったのですが、
機械屋さんの希望ですので、それを満たすために頑張って食べていました。

その機械屋さんは、根っからの野球少年だったらしく、高校時代は西武ライオンズからオファーも受けていたそうです。
(残念ながら、高校三年生の時に肘を傷めてプロ野球選手を断念)

その彼が高校時代、贔屓にしていたのが『ふきや』さんで、当時を懐かしく思い出すので
『ふきや』さんへ行きたい、との事でした。

『いやぁ、昔はショッパーズ・プラザの「ふきや」に、しょっちゅう行っていましたよ。
あの頃はクラブの後だったから、とにかく腹が減って腹が減って、焼きソバの大盛り、
ヤキメシの大盛り、お好み焼きの大きめを一回でペロリと食っていましたねぇ。いやぁ、懐かしい!』と、
聞いただけで胸焼けがしそうな話をしながら、やはり焼きソバとお好み焼きを食べていました。

我が家の長男も、このテの食べ物が大好物なのですが、『太るからなぁ。』と心配しつつ、
しかし、たまには食べたくなる様で、その際は我が家の近くに在る『てこじゅう』さんへ、ヤキメシの大盛り、
焼きソバの大盛り(こちらの焼きソバは、鉄板で麺を少し焦がしてパリパリにする方が美味しいそうです。)、
餅チーズ納豆入りお好み焼きを注文して、『炭水化物・夢の豪華三点盛り』と呼んでいます。

『ふきや』さんは、オリジナルのソースとマヨネーズがウリの様でしたが、
それが僕の体調不良の原因の様な気がして、僕は控えめにしていましたが、
当時の機械屋さんは、もうタップリと塗っていましたねぇ…。

その『ふきや』さんの赤坂門市場店も、赤坂会館が廃業して暫くの後、閉店されました。

先日、家内と天神の福ビルに行きまして、昼食時でしたので何か食べよう、という事になり、
通りかかったのが『ふきや』さんでした。

『あらぁ、懐かしいわねぇ。ここ、食べると胸焼けがする事が有ったけれど、
高校時代は焼きソバを食べに行った事が有る。』と、家内が言いましたので、
僕も約10年ぶりに入ってみようか、という気になりました。

(現在の『ふきや』さんは、以前、『門』という喫茶店が在った場所ですが、『門』のカツサンドは美味しかったですねぇ。)

運良く席が空いていましたので、家内と二人で焼きソバとお好み焼きのデラックスを注文し、シェアして食べました。

ソースとマヨネーズも使いましたが、気のせいでしょうか、昔の記憶よりもアッサリとした感じでした。

食べながら店の外を見ると、入店を待つ行列が出来ていて驚きました。

そして、並んでおられる方達の年齢層は40歳以上と思われる方が多く、
家内は『あ~、やっぱり、若い頃に「ふきや」さんに通っていた人達が多いのでしょうね~。』と言いました。

『ふきや』さんは、青春の味なのかもしれません。

そして、その日は何故か家内も僕も胸焼けはしませんでした。
 

ランドセル

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年10月25日(水)11時24分0秒
返信・引用
  G!様、ご無沙汰ばかりで恐縮しております。
御投稿を有難うございます。

そうですね、僕の時もマグネット式は販売されていましたが、
保守的?で頑迷な僕の母親が買ったのは、従来通りの二本ベルト式式でした。

また、僕は『ウサギのマークのオオクマカバン店』が好きだったのですが、
やはり母親の好みで木村カバン店で買う事になりました。

しかし、あの頃は、『何で、ウサギのマークなのに大熊なのだろう?』とも思っていました。
確かに、あの頃のランドセルは重たかったですねぇ…。
教科書やノートをランドセルに詰めて歩いていたら、上級生に後ろからランドセルを
思い切り押し下げられて尻モチを搗いていました。

はい、僕らも六年生までランドセルを使っていたのは殆ど居らず、各自が適当な手提げカバンで通学していました。

最近は、メーカーや販売店が『六年間無料修理保証』を付けているランドセルも多い様です。
 

学会

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年10月25日(水)11時12分33秒
返信・引用 編集済
  長男が学会で発表する為、ワシントンへ行きました。

予約していたホテルはホワイトハウスの隣だそうですが、
土地柄と学会開催の為かシングルルーム一泊の料金は3万円を超えるそうです。

『チェックイン時にカードで全額を前払いしなければならなかったが、
何と!JALカードは航空券や他の買い物で限度額がイッパイになっていて、辛うじて百貨店のカードで払う事が出来た。
一時は、本当にどうなる事か?と大いに焦った。』との事でした。

彼のJALカードは大学生時代に拵えたカードですので、限度額が抑えられたままになっていた様です。

とりあえず、用心の為に持っていた百貨店の家族会員カードが役に立って、こちらも安堵しました。

今回の発表は、マイオカインという体内分泌物に関する事の様です。

今までも、糖尿病などの合併症としての脂肪肝や肝臓肥大を防止する為の運動方法を調べていましたが、
今回は、それを更に進めて、マイオカインという物質に注目した研究だそうです。

人間の体内で生成されるらしいマイオカインは、肝臓肥大や脂肪肝を予防する事が分かってきたそうですが、
そのマイオカインをもっと効率良く分泌させる方法を考えられているらしく、
今回はマイオカインの分泌を活発にする為の運動方法を整形外科的に考察した発表の様です。

学会終了後は、ワシントンの近くに在る幾つかの大学を見学して、来年か再来年辺りに留学したい、
と思っている様ですが、幾つかの条件をクリアしなければ留学は認められませんので、中々難しい様ですね。

まず、研究が大学が求めている内容と同じである事が大前提で、それに民族的な事が加わり、
一つの大学に東洋人ばかりが集中するのは避けなければならず、
更に出身大学からも満遍なく各国へ留学する事を求められる様です。

自分が行きたい留学先と、受け入れ先の大学と、出身大学と研究テーマ、
この条件を少なくともクリアしなければ留学という通過儀礼の一つには辿り着けない、という事の様ですね。



長男が学会での発表のために作成したポスターの画像が有るのですが、パワーポイントの拡張子がpptで、
こちらの画像へ投稿するためにはjpgへ変更しなければならず、その方法が残念ながら分かりません…。
 

Re: 入学準備?

 投稿者:G!  投稿日:2017年10月20日(金)16時52分4秒
返信・引用
  > No.1018[元記事へ]

こんにちは。

私も二人の甥にランドセルを買ってあげましたが、どちらも新天町の大隈カバン店で購入しました。
ランドセル購入時期になると店内はお祭りのような雰囲気になってたと思います。
購入後はその場で名入れ、ランドセルの中にはノートや筆入れ等の文房具をびっしり詰めて箱詰めしてくれていました。
現在は仕切り板とクリアファイルが2枚だけサービスのようです。
これも客がネットに流れていったのが原因でしょうか。

二人の甥はどちらも6年間使い切りましたが、私らの頃は半分持っていい方、6年使えたのはクラスで数名でした。
品質がそこまで良くなかった(更にやたら重かったような)のと何より使い方が乱暴だったのが原因だと思います。

私が買って貰った頃は、ちょうど閉じる部分が2本のベルトから1点式のマグネットに変る頃でした。
運良く自分はマグネット式を買って貰ったのですが、クラスの半分位はベルト式で結構羨ましがられた記憶があります
 

入学準備?

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年10月18日(水)10時50分27秒
返信・引用
  早いもので来年は初孫(長男の長男)が小学校へ入学です。

たまにはジジィらしい事をしなければ、と思いまして、早めの入学祝いを出しましたら、
それを使ってランドセルを注文したそうです。

最近、ランドセルは入学一年前から予約する事も珍しくない、との事で驚きました。

僕の頃はランドセルといえば、男子は黒で女子が赤、というのが一般的でしたが、最近は様々な色が用意されて、
注文(予約)する時に好みの色を指定するそうです。

初孫(『はつまご』と呼ぶのは近年の事で、『ういまご』が本来の呼び方、と教えて下さった方がおられます)は、
シャツも靴も色はオレンジが好きだそうで、ランドセルの色も迷わずに『オレンジ!』と言ったそうです。

しかし、注文から暫く経って、家の前を通学している小学生を見て、
『やっぱりランドセルは黒がイイ!』と考えを変えたそうですが、とき既に遅く、
『今頃になって変えられるか!』と父親である僕の長男が大喝した、との事でした。

まぁしかし、どのみち入学後の暫くは、交通安全の為の黄色いカバーをランドセルに被せるのでしょうから、
さして問題は無い、と思われます。

それよりも、新一年生の父親としましては、
『せめて入学前までには、自分の名前を書ける様になって欲しい。』と思っているらしく、
時間を作っては平仮名の読み書きを教えているそうですが、中々捗々しくない様です。

『オヤジ笛吹けど、息子踊らず』ですねぇ…。

これは、いつの世でも、どの家庭でも殆ど同じだと思いますが、要は根比べですからねぇ。

その点、オヤジを卒業してジジィになった僕は『傍目八目、気楽なもんだ!』と、
思うのは、やはりバチアタリでしょうか?


画像は、本文とは無関係で、幼稚園の遠足に参加する孫3号(二男の長女)です。
 

まだまだ暑い日が続きますねぇ。

 投稿者:元・マンハッタンの釘曲げ屋メール  投稿日:2017年10月11日(水)10時58分23秒
返信・引用
  先日は、三人目の孫の運動会でした。

幼稚園の年少組ですので、初めての運動会です。

(昨年も幼稚園の運動会に参加しましたが、その時は幼稚園の見習いの様な感じでした。)

画像には写っていませんが、会場には万国旗が張り巡らされていましたが、
この様な事は今どき珍しいのでは?と思いました。

世界中の国々の旗を張り巡らして、運動会等の装飾とする事が昔々は良く行われていましたが、
この行為自体は、本来、とても失礼な行為なのです。

旗を張り巡らして装飾とする行為は、『満艦飾』という海軍が始めた事ですが、
海軍は信号旗を張り巡らせてはいましたけれど、国旗を使用する事は絶対に有りませんでした。


その様な、ジジイの繰り言は置きまして、最近の運動会は、駐車場はクジ引きで当たった家族の車両のみ、
陽除けのテントを設置するために前日の場所取りなどの準備が有るそうです。

運動会当日、孫娘が出場する時間に合わせて会場へ行き、楽しそうに踊っている彼女を観ました。

そして、昼食時間になりまして、二男の嫁が心を尽くして作った弁当を食べましたが、
テントの陰で陽は当たらないものの、風が通り抜けないので暑いですねぇ…。

そんな事を考えながら弁当を食べていましたら、携帯電話が鳴り始め、応答しますと、
親戚の女性後期高齢者が入居している施設からでした。

前日に僕は彼女へ果物を持参し、その時は何とも無かったのですが、僕が帰った後に脚の痛みを訴え、
休日診療で右側の大転子という脚の付け根の骨折が判明したそうです。

とりあえず運動会が一息ついてから、病院へ行き、入居している施設から入院に必要なタオルや着替えなどを運びました。

治療方法や入院期間など、検査をしてみなければ分からないそうですが、また仕事以外の用事が増えそうです。
 

/73