京都府立医科大学準硬式野球部公式掲示板



カテゴリ:[ 野球 ] キーワード: 準硬式野球


334件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[305] 9月4日月曜日 練習試合

投稿者: 岩本在央 投稿日:2017年 9月 5日(火)13時25分17秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼いたします。投稿遅くなり申し訳ございません。昨日行われました練習試合(対京都教育大)の結果をご報告致します。

京府医 200 000 000 2
京教大 000 140 00× 5
1中 佐藤
2三 平尾
3一 岩本
4左投 音嶋
5投 上村
  左 熊澤
6二 佐伯
7遊 米永
8捕 森
9右 辻
  打 永守
安打6 四死球8 盗塁3 失策5
上村、音嶋―森
上村: 6回 92球 被安打3 与四死球2 奪三振6 自責点1
音嶋: 2回 20球 被安打0 与四死球0 奪三振0 自責点0

1回表、先頭の1番佐藤が四球で出塁すると盗塁を決め、送球がそれる間に3塁に到達します。すると3番岩本のレフトオーバーツーベースで1点先制します。さらに2死から5番上村が9球粘って四球で出塁し、6番佐伯のショートエラーでもう1点追加します。

2回表、1死から9番辻が絶妙なセーフティバントを決めますが得点はなりません。

3回表、5番音嶋がいつも通り左中間にツーベースを放ちます。しかし後が続かず無得点となります。

先発の上村は3回まで相手打線を無安打に抑え危なげない投球を見せます。

4回表、1死から8番森がレフト前ヒット、9番辻が2本目のバントヒットで1、2塁の好機を作ります。

4回裏、エラーで先頭打者の出塁を許すと、5番にツーベースヒットを打たれ1点を返されます。

5回裏、失策と連係ミスがかみ2点を失うと、4番のタイムリーでさらに2点を取られます。

7回からは音嶋が2番手としてマウンドに上がり、緩急を活かして無失点で切り抜けます。

9回表、9番辻に代わって代打の永守が四球で出塁すると2死の後、3番岩本が三塁線を抜くツーベースヒットを放ちますが、無得点でゲームセット。

続きまして、2試合目の結果をご報告致します。
京教大 200 0 2
京府医 520 × 7
1中投 佐藤
2三 平尾
3一 岩本
  打一 永守
4投 音嶋
  中 辻
5二 佐伯
6左 熊澤
7右 苗代
8遊 米永
9捕 森
安打8 四死球1 盗塁1 失策1
音嶋、佐藤―森
音嶋: 2回 35球 被安打3 与四死球1 奪三振2 自責点2
佐藤: 2回 25球 被安打2 与四死球0 奪三振1 自責点0

第2試合は初回から打線が繋がり得点を重ねることが出来ました。守備でも遊撃の米永を中心に比較的安定した守りが見られました。

本日の試合では好機を多く作ることは出来ていましたが、それを得点に繋げることが出来ずに終盤まで行ってしまいました。その上で失策がかさみ、初回に得られたリードを守れず敗れてしまいました。しかし前回の試合よりは全体的にバットを振り抜けている印象がありました。
ここまでの2試合、勝利を収めることは出来ませんでしたが決して悲観することはなく、各々がしっかりとやることをやれば十分戦えることがわかった2試合だったように感じます。リーグ戦に向けてより課題が浮き彫りになりましたので、今後も意識高く練習に励みたいと思います。リーグ戦もご声援の程よろしくお願い致します。




[304] 9月2日土曜日 練習試合の結果

投稿者: 岩本在央 投稿日:2017年 9月 2日(土)15時37分39秒   通報   返信・引用

お忙しい中、続けて失礼いたします。
先ほどの戦評に訂正がございました。訂正してお詫び申し上げます。
[誤]
桃学大 010 000 012 5
京府医 000 000 200 2
[正]
桃学大 010 000 112 5
京府医 000 000 200 2
桃山学院大の7回の得点に誤りがありました。
申し訳ございません。
失礼いたします。



[303] 9月2日土曜日 練習試合の結果

投稿者: 岩本在央 投稿日:2017年 9月 2日(土)15時24分54秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼いたします。4回生の岩本です。今季より戦評を書かせていただくことになりました。よろしくお願い致します。
本日行われました練習試合(対桃山学院大)の結果をご報告致します。

桃学大 010 000 012 5
京府医 000 000 200 2
1中投 佐藤
2左 熊澤
3三二 平尾
4一 岩本
       永守
5投右 上村
6二三 佐伯
7右 苗代
  中 辻
8遊 米永
9捕 森
安打8 四死球1 盗塁3 失策6
上村、佐藤―森
上村: 6回 77球 被安打6 与四死球0 奪三振3 自責点1
佐藤: 3回 51球 被安打5 与四死球1 奪三振1 自責点2

1回表、先発の上村は相手打線をきっちり3人で封じ込めます。

1回裏、1死から2番熊澤が二遊間へ内野安打を放ちますが、得点には至りません。

2回表、上村は先頭打者にヒットを浴びると、犠牲フライで1点を失います。

4回表、相手の先頭打者の打球がセンター前に転がる間に2塁を陥れられますが、センター佐藤が打者走者の逆をつく狡猾な送球を見せ、出塁を許しません。

5回裏、6番佐伯がライトへ痛烈なライナーを放ち、これをライトが後逸します。佐伯は自慢の鈍足で本塁を目指しますが、三本間でまさかの転倒。夢半ばで憤死しました。その後、8番米永のピッチャー強襲ヒットなどありましたが、得点はなりません。

7回表、この回から登板の佐藤は、ヒットとエラーがからみ、1点を失います。

7回裏、先頭の4番岩本がエラーで出塁すると盗塁を決め、続く5番上村が左中間にツーベースヒットを放ち1点を返します。さらに6番佐伯がライト前に運び2点目を取ります。ここで途中出場の7番辻がバントを決め、8番米永がセンター前に弾き返して1、3塁を作ります。9番森はスクイズを試みますが相手に読まれ三塁走者がアウトに。森はその後ヒットを放ちますがさらなる得点はなりません。

ピッチャー佐藤は8回、9回にも計3点を奪われます。

8回裏、1死から3番平尾がレフト前ヒットを放ちますが後続が続かず、5ー2でゲームセット。

本日の試合では、投手が良い守りのリズムを生み出し奮闘してくれましたが、序盤になかなかタイミングを合わせられず好機を作れない、私たちの悪い部分が出てしまいました。しかしながら終盤にはしっかりとバットを振り抜き、打線を繋げることが出来ました。月曜日の試合では初回から先制点を取れるよう、準備の面も含め今一度、自分達のスイングを貫くことを意識したいと思います。
今後もご声援の程、よろしくお願い致します。



[302] 8,9月の日程の変更

投稿者: 佐伯洋輔 投稿日:2017年 8月24日(木)19時08分3秒   通報   返信・引用

いつもお世話になっております。副主将の佐伯洋輔です。

先日お知らせ致しました8,9月の日程にて、木曜日のグラウンドは未定とさせて頂いておりましたが、9月末まで木曜も府立大の大グラウンドを使用できることとなりましたので、毎週木曜の練習は大グラウンドにて行います。

また、9/9(土)の練習につきまして、その日は府立大学の入試に伴い府立大グラウンドが使用禁止となりましたので、朝7時より京大吉田グラウンドにて京大医学部との合同練習という形に変更させて頂きます。

ご不明点がございましたら、ご遠慮なくお尋ねください。

京都府立医大準硬式野球部 副主将
佐伯洋輔
sakura9771@gmail.com
09083561643



[301] 8,9月の練習とリーグ戦日程

投稿者: 佐伯洋輔 投稿日:2017年 8月20日(日)13時33分24秒   通報   返信・引用

いつもお世話になっております。
先日新主将の平尾より紹介がありました通り、今チームより新しく副主将を務めさせて頂きます佐伯洋輔と申します。

これから一年間幹部としてチームを盛り上げていけるよう、精一杯務めさせて頂く所存でございますので何卒ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

8,9月の日程およびその後のリーグ戦日程をお知らせいたします。

8/26(土)14時- 新チーム初練習
8/28(月)14時- 練習
8/31(木)14時- 練習
9/2(土)9時半- 練習試合vs桃山学院大@桃山学院大
9/4(月)14時- 練習試合vs京都教育大@京都教育大
9/7(木)14時- 練習
9/9(土)14時- 練習
9/10(日)10時- リーグ戦vs滋賀医大@滋賀医大
9/11(月)16時- 練習
9/14(木)16時- 練習
9/16(土)14時- 練習
9/17(日)13時- リーグ戦vs神戸学院大薬学部@摂南大
9/18(祝)14時- 練習
9/21(木)16時- 練習
9/23(土)13時- リーグ戦vs兵庫医療大@滋賀医大
9/25(月)16時- 練習
9/28(木)16時- 練習
9/30(土)13時- リーグ戦vs和歌山県立医大@滋賀医大
-------------
10/8(日)10時- リーグ戦vs近大@滋賀医大
10/14(土)13時- リーグ戦vs奈良県立医大@摂南大
10/21(土)10時- リーグ戦vs摂南大@滋賀医大

月曜と土曜の練習は京都府立大の大グラウンドにて行います。
木曜の練習につきましては、グラウンドの利用可否が未定であるため、決定し次第ご連絡いたします。

優勝目指してチーム一丸となって頑張りますので、応援よろしくお願いいたします。

京都府立医大準硬式野球部 副主将
佐伯洋輔
sakura9771@gmail.com
09083561643



[300] 新チームの幹部よりご挨拶

投稿者: 平尾 隆大 投稿日:2017年 8月18日(金)11時37分57秒   通報   返信・引用

お忙しいところ失礼いたします。
この度新チームより主将を務めさせていただくことになりました3回生の平尾隆大と申します。
前チームでは西医体ベスト8という好成績を残しました。私たちがこうして野球ができているのも全てOBOGの皆様のご支援とご協力があってのことと存じます。まだまだ至らない点が多いとは思いますが、精一杯努力し、これまでの先輩方が築いてこられた京府医準硬式野球部を受け継いでいく所存でございますのでご指導ご鞭撻のほど宜しくお願いいたします。

続きまして、この場をお借りして新チームの幹部を紹介させていただきます。

主将        平尾 隆大 (3回生)
副主将    佐伯 洋輔 (4回生)
               辻 健吾 (4回生)
主務        森 武士 (3回生)
庶務        熊澤 慶大 (3回生)
会計        苗代 悠暉 (4回生)

今年度は以上のメンバーで務めさせていただきます。宜しくお願いいたします。



[299] ご挨拶

投稿者: 佐々木 投稿日:2017年 8月14日(月)12時24分15秒   通報   返信・引用

いつもお世話になります。前主将の佐々木です。
先日前々副主将の松井よりお伝えさせていただきました通り、私たち京都府立医科大学準硬式野球部は西医体にて大阪市立大学に0-7で敗戦いたしました。これにて本年度のチームは終了となりました。このチームはプレーヤー11人、マネージャー0人という大変少ない状態で始まりました。OBOGのみなさまはそういったチーム状況を常に気にかけていただきチームを支えてくださいました。まだまだ若輩者で至らない点の多い私たち幹部3人はその支えがあったからこそ1年間チームとして作り上げてこれたのだと痛感しております。この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。
4月に非常に頼もしい1回生が大勢入部してくれ、今では例年以上に活気ある部となっております。9月以降は新主将の平尾を中心にこれまで先輩方が築き上げて来られた強い京府医というのを受け継いでくれることと思います。今後とも京都府立医科大学準硬式野球部にご支援ご声援のほどよろしくお願いいたします。

1年間本当にありがとうございました。
新チームの日程は新主将の平尾より後日ご連絡させていただきます。

お忙しいところ失礼いたしました。



[298] 西医体準々決勝

投稿者: 熊澤 投稿日:2017年 8月11日(金)14時40分39秒   通報   返信・引用

お忙しい所失礼致します。本日行われました西医体準々決勝(大阪市立大学)の結果をご報告させていただきます。

京府医 000 000 0   0
市立大 030 004 X   7

1中 佐藤
2右 上村
3投 佐々木
4一 岩本
5左 音嶋
6捕 陣野
7二 宮崎
8左 辻
  打 佐伯
9遊 米永

安打3 盗塁3 四死球4 失策7

佐々木-陣野
佐々木: 6回 114球 被安打7 四死球5 奪三振2 自責点0

1回裏、ヒット2本を打たれますが、レフト辻-ショート米永の華麗な中継プレーや、ライト上村の鬼肩が炸裂し、本塁噴死を2つ生産します。得点を許しません。

2回表、先頭の5番音嶋がレフト前ヒットで出塁しますがゲッツーもあり、得点はありません。

2回裏、先発の佐々木は打者2人をテンポ良く打ち取りますが、エラーが連続したりなどで3点を失います。

3回表、2死から1番佐藤が四球で出て、2番上村がライト前ヒットでチャンスメイクしますが得点には至りません。

5回表、先頭7番宮崎がセンター前ヒットで出塁し、盗塁とワイルドピッチで三塁まで達しますが本塁はこの回も遠いままです。

6回裏、エラーとヒットや四死球がかさみ4点を取られます。

7回表、この回点を取らなければ規定によりコールドとなってしまう京府医は代打の佐伯が死球で意地の出塁を見せますが、得点には繋がらずゲームセット。

守備のミスからの失点を取り返せず残念ながら敗北という結果に終わってしまいました。本年度の西医体はベスト8という結果になりました。この悔しい気持ちを糧にして来年さらに良い結果を残していけるようがんばってまいります。
今後もご声援宜しくお願い致します。



[297] 西医体2回戦

投稿者: 熊澤 投稿日:2017年 8月10日(木)18時08分22秒   通報   返信・引用

お忙しい所失礼致します。本日行われました西医体2回戦(山口大学)の結果をご報告させていただきます。

山口大 211  400 00   8
京府医 001 400 30   8

1中 佐藤
2三 森
3右投 佐々木
4一 岩本
5左 音嶋
6捕 陣野
7二 宮崎
  二  佐伯
8投右 上村
9遊 米永

安打10 盗塁4 四死球4 失策4

上村、佐々木-陣野
上村: 3回 65球 被安打6 四死球2 奪三振4 自責点3
佐々木: 5回 89球 被安打4 四死球3 奪三振5 自責点1


1回表、上村はいきなり連打と進塁打で1死2.3塁のピンチを迎えると連続タイムリーを打たれ2点を先制されます。

2回表、上村は1死から四球とヒットを打たれると、続く打者のセカンドゴロで併殺を取れず、その間に1点を追加されます。

3回表、上村は先頭打者に死球を与えると2死2塁から三塁線を破るタイムリーツーベースを打たれ、さらに1点を奪われます。

3回裏、京府医は1番佐藤が四球を選ぶと自慢の足ですかさず盗塁を決め、2死2塁から3番佐々木の打球を相手がエラーする間に1点を返します。

4回表、佐々木は四球とエラーで2死ながら1.3塁のピンチを招くとタイムリーツーベースで1点を奪われると、エラーとタイムリーでさらに3点を追加され、この回4点を奪われます。

4回裏、このままでは終われない京府医は先頭の5番音嶋が芸術的なレフト前ヒットを放ち出塁すると、6番陣野がライトオーバーのタイムリースリーベースを放ち1点を返すと1死3塁から8番上村が得意の三遊間を破るタイムリーを放ちます。さらに9番米永がレフト前ヒット、1番佐藤が四球で繋ぐと2番森のショートゴロを相手がエラーする間に1点を返します。さらに3番佐々木のファーストゴロの間に1点を入れ、この回4点を返します。

7回裏、3点を追う京府医は先頭の5番音嶋がセンターオーバーのスリーベースで出塁すると、6番陣野がレフトへタイムリーを放ち1点を返します。さらに1死から8番上村がレフト前ヒットで繋ぐと、9番米永が練習に練習を重ねた送りバントをついに決め、これを相手投手が暴投する間に2者が生還し、同点に追いつきます。

8回裏、京府医は2死から6番陣野がピッチャーライナーに倒れ、無得点に終わります。

ここで大会規定により9回に入らず試合終了。同点であったためじゃんけん(5VS5)にて勝敗を決定致しました。

佐々木  〇
陣野      〇
上村      〇
音嶋      -
米永      -

以上の通り、3-0で勝利し、京府医が準々決勝進出となりました。

序盤から大量リードを許してしまいましたが、粘りの野球を見せ7点差を追いつき、準々決勝にコマを進めることができました。最後まで諦めない姿勢がこの結果をもたらしたと思われます。次の試合も良い結果を報告できるよう頑張ってまいります。
今後もご声援宜しくお願い致します。



[296] 西医体1回戦

投稿者: 熊澤 投稿日:2017年 8月 8日(火)18時33分38秒   通報   返信・引用

お忙しい所失礼致します。本日行われました西医体1回戦(金沢大学医学部)の結果をご報告させていただきます。

金大医 010  001 100    3
京府医 000 003 001× 4

1中 佐藤
2三 森
3投右投右 佐々木
4一 岩本
5左 音嶋
6捕 陣野
7二 宮崎
8右 辻
  右投右投 上村
9遊 米永
  打 熊澤

安打8 盗塁4 四死球2 失策2

佐々木、上村、佐々木、上村-陣野
佐々木: 5回 75球 被安打2 与四死球2 奪三振8 自責点1
上村: 0回2/3 15球 被安打2 与四死球1 奪三振0 自責点0
佐々木: 1回1/3 30球 被安打1 与四死球2
奪三振1 自責点1
上村: 2回 23球 被安打2 与四死球0 奪三振3 自責点0


1回表、佐々木は速球が冴え渡り三者連続三振と完璧な立ち上がりを見せます。

1回裏、京府医は2死から3番佐々木がセンター前に鋭く弾き返しますが、得点には至りません。

2回表、佐々木はヒットと盗塁で2死ながら得点圏に走者を背負うと、味方にタイムリーエラーが飛び出し1点を先制されます。

3回裏、京府医は先頭の7番宮崎がセンター前ヒットで出塁すると、続く8番辻が粘って四球を選び、1.2塁のチャンスを作ります。しかし、後続に1本が出ず無得点に終わります。

4回裏、京府医は先頭の3番佐々木がレフト前ヒットで出塁しますが、エンドランが併殺になるなど攻めが噛み合わずこの回も追いつくことができません。

6回表、ここまで好投を続けてきた佐々木でしたが、先頭打者に死球を与えてしまい、上村に継投します。上村はヒットと四球で1死満塁のピンチを迎えると、続く打者に一二塁間を破るタイムリーヒットを打たれ、1点を追加されます。

6回裏、反撃したい京府医は先頭の1番佐藤が体を張って死球で出塁すると、華麗に二盗、三盗を決め、1死3塁のチャンス作ります。ここで3番佐々木がショートを適時内野安打を放ち、1点を返します。さらに4番岩本がレフト前ヒット、5番音嶋が四球を選び満塁とすると、6番陣野がきっちり犠牲フライを打ち上げ、同点とします。さらに7番宮崎がセンター前に勝ち越しタイムリーを放ち、この回京府医は5回生3人で3点を奪い逆転に成功します。

7回表、先ほどの回から再びマウンドに登った佐々木は1死からヒットと四球で1.2塁のピンチを招くとダブルスチールを決められ2.3塁となります。踏ん張りたいところでしたが犠牲フライを打たれ、同点に追いつかれます。しかしその後のピンチを切り抜け逆転は許しません。

9回表、上村は1死からレフト線にスリーベースを打たれます。1点も許されないこの場面で続く打者のスクイズは小飛球となります。これをファースト岩本が好捕し、併殺を完成させて絶対絶命のピンチを無失点で切り抜けます。

9回裏、京府医は先頭の6番陣野がエラーで出塁すると、7番宮崎が送りバントを決め、1死2塁とサヨナラのチャンスを作ります。8番上村がレフト前ヒットで繋ぎ1.3塁とチャンスを広げると、京府医は代打に熊澤を送ります。熊澤はスクイズを三塁線に転がすと、本塁クロスプレーになりますが、三塁走者陣野のヘディングが炸裂しセーフとなり試合終了。

西医体初戦は序盤からリードを許す苦しい展開となりましたが、チーム一丸で逆転に成功し勝利を収めることができました。1日おいて次の試合から連戦となりますが勢いを保って勝ち進んでいけるようがんばってまいります。
今後もご声援宜しくお願い致します。


レンタル掲示板
334件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.