京都府立医科大学準硬式野球部公式掲示板



カテゴリ:[ 野球 ] キーワード: 準硬式野球


新着順:9/328


[322] 11月11日土曜日 練習試合の結果

投稿者: 岩本在央 投稿日:2017年11月11日(土)20時10分7秒   通報   返信・引用

お休みのところ失礼します。本日行われました練習試合(対京都学園大)の結果をご報告致します。

学園大 010 000 040 5
京府医 100 100 000 2

1中投中 佐藤
2左 熊澤
3三 山口
4一 永守
5投 音嶋
  中投 上村
6二 佐伯
7右 苗代
8遊 米永
  打 岩本
9捕 森

安打9 四死球1 盗塁0 失策3

音嶋、佐藤、上村―森
音嶋: 6回 66球 被安打3 与四死球0 奪三振2 自責点0
佐藤: 2回 44球 被安打3 与四死球2 奪三振1 自責点1
上村: 1回 25球 被安打0 与四死球1 奪三振2 自責点0

1回裏、1番佐藤が初球を思い切り叩きライト線にツーベースヒットを放ちます。2番熊澤の進塁打で3塁に進むと、3番山口がライト前に鮮やかなタイムリーヒットを放ちテンポ良く先制点を挙げます。

2回表、音嶋はヒットのランナーを儀飛で還され、同点に追い付かれます。

2回裏、2死の後7番苗代、8番米永から連続ヒットが飛び出し2、3塁の好機を演出しますが無得点に終わります。

4回裏、2死から6番佐伯がサードのエラーで出塁すると、続く7番苗代の打席で伝説のギャンブラー・松井先輩を彷彿させるロケットスタートを切り相手投手をボークへと誘います。苗代は四球を選び、それが暴投となる間に1、3塁となります。すると8番米永が2本目のヒットをライト前に放ち佐伯が生還。尚も1、2塁とし9番森もレフト前に弾き返し満塁としますが、1点止まりとなります。

5回裏、2番熊澤が巧くレフト前にヒットを放ちましたが追加点はなりません。

一方守りでは、今季初スタメンのファースト永守による2つの美技などあり、音嶋は非常に安定感のある投球で3回~6回を全て3人で片付けます。

7回裏、9番森が先頭打者として2本目のヒットをセンター前に運びますが盗塁を阻まれ得点はなりません。

8回表、前イニングから継投の次世代エース佐藤は、3安打などにより4点を失います。

9回表、真性エースの上村は四球とエラーで3塁に走者を置かれますが、貫禄を見せ無失点で切り抜けます。

9回裏、サヨナラを狙う京府医は2死から代打岩本がセンター前にアプローチショットを決めますが、得点にはいたらず2―5でゲームセット。

本日はリーグ戦で出番の少なかったメンバー中心のオーダーとなりましたが、思い切りの良い守備、スイングなどが随所に見られ、良い雰囲気でしっかり野球を楽しめていたように思います。このチームは全員が戦力となるべきチームですので今後も課題を共有し合い、残り2つの継続試合を全員野球で勝ち取って参ります。これからもご声援の程、よろしくお願い申し上げます。


新着順:9/328


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.