3Mフォーラム


カテゴリ:[ 個人的な話題 ] キーワード: トピック 行事


843件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[878] 浦和競馬場

投稿者: 7Km  投稿日:2018年 5月20日(日)20時34分52秒 KD118158243204.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

昭和が止まったままのような現地ルポです。私こと最近毎日曜、拙宅からママチャリで片道25分かけて地方競馬・浦和競馬場に出掛け中央競馬JRA場外馬券を買っています。浦和は坂道が多いので、ママチャリでの往復は良い運動になります。写真1は馬場全景です、府中や中山の競馬場の半分以下、全周たったの1200mのダート(砂)コースしかありません(新潟競馬場にはゴール前直線だけで1000m余あり)。コース内は緑地公園になっており競馬に関係ない家族連れ犬散歩、ランニングを楽しむ一般市民もいます。写真ターフ・ヴィジョンと場内各所の大画面(写真2)には中央競馬3場全36レースのパドック、オッズ推移、競馬が実況中継されています。場内各所に様々な飲み屋(焼き鳥、煮込み、酒ビール)<写真3@午前9時半撮影>があり1000円でベロベロになれます。ギャンブラーは昭和的老人ばかりで多くは南浦和駅からの無料シャトルバスでの来場です。彼らの多くは未だにヘビースモーカーのようです。野党が反対のIR(カジノ)法案はここの昭和ギャンブラー達にとっては関係ない話、別世界です。浦和競馬場に通い詰める昭和ギャンブラー達は私メを含め今や絶滅危惧種で10年後にはほぼ絶滅でしょう。兎も角、IR法制化がなくともIT技術発達のお陰で開催中の全国中央競馬が一日中100円単位で楽しめる浦和競馬パラダイスです。なお5/30には中央の武豊騎手等が参加する浦和競馬の交流重賞競走「さきたま杯」1400m戦があります。



[877] Re: 春爛漫2-2

投稿者: Chiko  投稿日:2018年 4月29日(日)11時35分36秒 KD106174126044.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用 > No.876[元記事へ]

平成19年の春は、ロシアに行っていて満開の桜を見ることができなかった春でした。
しかし今年は家にいても満開の桜を「でっかんしょ、でかんしょ」で見ることが
できませんでした。昨年11月3日から半年間寝たきりで暮らすはめになり、先日
ようやくPC/WP操作ができる様になりました。

その間に以前から使っていたPCが故障してしまい、新しいPCを買いましたが、Mail
の使い方を花岡さんに教わりE-Mailは昨日使用可能になりました。

本日Tea Cup/3M フォーラムも花岡さんに助けてもらい復旧できましたので、
テスト的に送付してみます。

寝たきり中にカメラの置き場所がわからなくなってしまったりしておりますので、
しばらく写真撮影・添付はできません。

萩原

> > 金亀山極楽寺三学院
>
>   立てば芍薬 見事なものですね
>
>  季節が早まっているようで近くの牡丹園 もう散り始めていました
>  もう夏の始まり



[876] Re: 春爛漫2-2

投稿者: 20tsu 投稿日:2018年 4月28日(土)13時44分18秒 60-60-177-54.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用 > No.875[元記事へ]

> 金亀山極楽寺三学院

  立てば芍薬 見事なものですね

 季節が早まっているようで近くの牡丹園 もう散り始めていました
 もう夏の始まり



[875] 春爛漫2-2

投稿者: 7Km  投稿日:2018年 4月24日(火)06時50分29秒 KD118158243204.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

金亀山極楽寺三学院



[874] 春爛漫2-1

投稿者: 7Km  投稿日:2018年 4月23日(月)08時42分16秒 KD118158243204.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

金亀山極楽寺三学院



[873] 春爛漫2

投稿者: 7Km  投稿日:2018年 4月20日(金)22時41分31秒 KD118158243204.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

(上:案内図)、(下:「長屋門」=通用門)

今朝、拙宅からママチャリで5分ほどのところにある藤棚見物にいってきました。昨日朝のTV情報番組でお天気キャスターが藤満開の西新井大師から中継していました。よし!藤の満開は今だと判断して行った次第です。桜の満開判断は情報豊富で困りません。しかし藤の満開判断は情報不足のうえ見頃期間が短いので難しい。ここ金亀山極楽寺三学院は広大な大名屋敷のような構えで境内には数百株の牡丹・芍薬も咲き乱れ、朝8時半、私以外の参拝見学客は近所とおぼしき一組の老夫婦だけでした。こんなところをSNSで紹介したら、外人観光客が大挙して押し寄せて大変なことになるのでしょう。その後、当寺と西新井大師とのネット情報を比較すると施設規模概要は両寺ともほとんど同じながら彼我の大差は門前町産業の有無にあるように感じました。寺の収入に天地の差があるのだろうとの想像です。今や何の産業もない、限界集落のようなこの街の檀家さん達にこの大寺院を維持できるのだろうかとの素朴な疑問です。(7Km@ますらを派出夫会)



[872] 甲府一高のこと

投稿者: 20tsu 投稿日:2018年 4月 4日(水)17時03分1秒 60-60-177-54.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用

ぐるっと首都圏・母校をたずねる
山梨県立甲府一高/1 自由な校風、品位学ぶ 古今亭寿輔さん /東京
毎日新聞2018年4月4日 地方版

 シリーズで何回か掲載されます その1

 ◆落語家・古今亭寿輔さん=1962年度卒

 「母校をたずねる」は、甲府一高(甲府市)編を連載します。各界に優れた人材を輩出し続けている山梨の名門校です。初回は、派手な着物と口ひげがトレードマークの落語家、古今亭寿輔さん(73)=1962年度卒=です。一高時代は勉強が大の苦手だったそうですが、自由な校風の中で「落語家に必要な『品位』を学んだ」と振り返ります。【田中理知】
 小学校高学年の時にラジオで落語を聴き、その面白さにひかれて落語家になる決意を固めました。人見知りな性格だったので友だちや親には語らず、胸に秘めていたのです。すぐにでも落語家になりたかったけれど、母親が勧める一高への進学を決めました。
 入学すると、みんな真面目でした。私はとにかく勉強嫌いで「突然変異」みたいな生徒だったと思います。宿題などやらなければいけないことはこなして、授業中は目立たないようにそーっとしていました。成績は「下の下」でしたが、卒業後に落語家になるためのエネルギーを蓄えていたのでしょう。
 一高には5、6人で細々と活動している落語研究会もありました。でも「やるならプロで」と決めていたので入りませんでした。週に1度、ラジオで落語を聞き、高1の夏休みに約3時間半かけて鈍行列車で新宿に行って初めて生で寄席を見ました。その時の様子は今でも脳裏に焼き付いています。落語の世界に入りたいという思いが一層募りました。
 当時は50人のクラスが1学年に10クラスあり、女子生徒は全体の1割強くらいでした。女性にはあまり興味がなかったのですが、好きな女子がいるという友人から「手紙を渡してほしい」と頼まれたこともありました。
 ぼんやりと過ごした高校時代ですが、自由で、先生と生徒が信頼し合っている校風は忘れられません。2年の時のことです。期末試験が終わって友人と甲府駅近くの喫茶店で遊んでいたところ、テーブルに残っていた、たばこの吸い殻を見た少年補導員から喫煙を疑われ、学生手帳を取り上げられました。翌日、生徒指導の先生のところへ事情を説明しに行きました。先生は「分かった」とすぐに手帳を返してくれました。「生徒を信用してくれる学校なんだ」と感動しつつ「一高生徒としての品格を踏み外すことはできない」とも感じました。
 卒業後は大学に行かず、23歳で落語家の世界に飛び込みました。故・古今亭今輔師匠から「落語家は陽気で、品位がないといけない」と言葉をかけてもらいました。高校時代の経験があったので、合点がいきました。今でも座右の銘です。
 客の目を引こうと、お坊さんのけさや歌舞伎を参考に、衣装を派手に変えたり、社会風刺や批判を取り入れたりして、自分にしかできない落語をやってきました。今も芸をアレンジして楽しんでもらえるよう工夫しています。私は着物を着て座布団に座ると人が変わるタイプです。人見知りだった自分と接していた同級生や先生は今の私を見てびっくりしているかもしれない。それでも「品位」は忘れないでいたいものです。
自主・自立・自律を重んじる クラーク博士の影響受け
 甲府一高の創立は明治時代にまでさかのぼる。徳川幕府が甲府に設けた学問所「徽典館(きてんかん)」の流れをくみ、県内初の旧制中学として1880年に創立された。札幌農学校(現北海道大)で教鞭(きょうべん)を執ったクラーク博士の影響を受け、自主・自立・自律を大切にする校風が特徴だ。
 卒業生の顔ぶれも豪華。元首相の石橋湛山(1902年卒)▽東京タワーを設計した内藤多仲(04年卒)▽日本銀行初代総裁の小林中(16年卒)▽ブックオフコーポレーション創業者の坂本孝(59年卒)▽SMBC日興証券社長の清水喜彦(74年卒)▽漫画「セーラームーン」の作者、竹内直子(85年卒)=いずれも敬称略=ら各界を代表する多様な人材が巣立っている。
 クラーク博士の教育方針は、博士の教え子で、7代目の大島正健校長が伝えた。校長室に飾られている校是「Boys be Ambitious!(少年よ、大志を抱け)」は1947年、当時蔵相で大島校長の教え子だった石橋がしたためた。
 堀井昭校長は「自主性を重んじる校風が受け継がれている。自分たちで問題点を見つけて解決する力を身に着け、卒業していく。積極的に外に出て社会問題に取り組む傾向が強い」と話した。【井川諒太郎】=次回は11日に掲載

卒業生「私の思い出」募集
 山梨県立甲府一高卒業生のみなさんの「私の思い出」を募集します。300字程度で、学校生活や恩師、友人との思い出、またその後の人生に与えた影響などをお書きください。卒業年度、氏名、年齢、職業、住所、電話番号、あればメールアドレスを明記のうえ、〒100-8051、毎日新聞地方部首都圏版「母校」係(住所不要)へ。メールの場合はshuto@mainichi.co.jpへ。いただいた「思い出」は、紙面や毎日新聞ニュースサイトで紹介することがあります。新聞掲載の場合は記念品を差し上げます。

 ツイッター @mainichi_shuto
 フェイスブック 毎日新聞 首都圏版

 ■人物略歴
ここんてい・じゅすけ
 1944年、中国・青島で生まれる。1年ほどで帰国し、高校卒業まで甲府市で過ごす。会社員を経て、23歳で故・三遊亭円右に弟子入りし、三遊亭右詩夫として初めて高座に上がる。83年に真打ちに昇進し、現在は東京都内在住で浅草、池袋、新宿、上野で寄席に出演している。



[871] 春爛漫

投稿者: 7Km  投稿日:2018年 3月31日(土)07時58分47秒 KD118158243204.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

> 好天に成田空港の滑走路脇の桜も満開です
>    帰心矢のごとし異国の桜かな

> 片栗の花は人気の季語です 私も昔詠んだことがあります。
>  片栗やイーハトーブのバスを待つ
>                 花巻・賢治記念館にて


滑走路脇の桜、初めてあんなところに桜並木を認識しました。肉眼では遥かに遠い所に在り今まで気付きませんでした。遠いピンクの帯のようでした。確かに満開でした。

写真は我が在所近辺の桜並木です。見頃の最後の1日に間に合いました。夜の満月下の桜吹雪もまさに「日本」です。



イーハトーヴとは - Weblio辞書 (イーハトーヴ号:池袋⇒岩手花巻への高速バス)

イーハトーヴとは? 〔宮沢賢治が「注文の多い料理店」の広告で使った語。一説に「岩手」 をエスペラント風に発音したところからの命名ともいわれる〕 ① 宮沢賢治の心象中に存在した理想郷の名。 ② 岩手県の美称。 >>『三省堂 ...





[870] Re: ふらんす堂編集日記

投稿者: 20tsu 投稿日:2018年 3月30日(金)11時15分5秒 60-60-177-54.rev.home.ne.jp  通報   返信・引用 > No.869[元記事へ]

> > ふらんす堂編集日記 By YAMAOKA Kimiko
> > fragie.exblog.jp
>
>  「実篤邸の桜。 3月25日(日)」を覗いてみました。実篤邸には20数年前に訪れたような微かな記憶があります。桜(写真1)も然ることながら、下記の写真(2&3)にも惹かれました。
>
> 『武者小路実篤庭園には、ほかにもたくさんの花が咲き溢れていた。
> 手前は一人静、その向こうに片栗の花の一群。
> 近くに寄れないのだが、ささやかに咲いている。』

  片栗の花は人気の季語です
 私も昔詠んだことがあります。

 片栗やイーハトーブのバスを待つ
                  花巻・賢治記念館にて



[869] ふらんす堂編集日記

投稿者: 7Km 投稿日:2018年 3月26日(月)21時41分26秒 static.vnpt-hanoi.com.vn  通報   返信・引用   編集済 > No.868[元記事へ]

> ふらんす堂編集日記 By YAMAOKA Kimiko
> fragie.exblog.jp

 「実篤邸の桜。 3月25日(日)」を覗いてみました。実篤邸には20数年前に訪れたような微かな記憶があります。桜(写真1)も然ることながら、下記の写真(2&3)にも惹かれました。

『武者小路実篤庭園には、ほかにもたくさんの花が咲き溢れていた。
手前は一人静、その向こうに片栗の花の一群。
近くに寄れないのだが、ささやかに咲いている。』


843件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.